* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『飲めば都』21世紀の<私>? 結婚は幸せな結末か

飲めば都飲めば都
北村薫

新潮社 2011-05
売り上げランキング : 97455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小酒井都・編集者・女性を主人公にした連作短編。

主人公が女性編集者ということで、思い出すのは「円紫さんと<私>」シリーズの主人公。シリーズ最新刊「朝霧」の単行本刊行が1998年。
こちらの主人公は大学生から社会人(出版社勤務)になり、いい人との出会いまで書きつつ恋愛なり結婚は書かれず。娘を嫁に出せない父親の気分なのか?というところで、シリーズが立ち消えになった感もあります。
が今回「大阪の敵を江戸で討つ」というか20世紀の娘を21世紀に嫁に出す意図があるのかないのか、幸せな結末まで至ります。

しかし21世紀の娘はなかなかにしたたかでもあります。
軽いと言われればその通り。ドタバタにもなりそうな話、愉しく読ませていただきました。

ひとつだけ言わせてもらうなら「コンジョ・ナシ」の五人組の話ですが、一人の発言に四人が立ち上がったという…。「自分が一番」という発言に怒ったそうですが、瓢一くんの意見とは少し違いますが、結婚がゴールというわけでなし。離婚経験者もいるという五人組なら、立ち上がるほど怒るかな?とね、思うわけです。立ち上がらないと話が転がらないかもしれませんが、
女性は、でしょうか?それとも若さ、でしょうか?

瓢一くんのお相手にも驚きました。


目次
1 赤いワインの伝説
2 異界のしり取り
3 シコタマ仮面とシタタカ姫
4 指輪物語
5 軽井沢の夜に消えた
6 コンジョ・ナシ
7 智恵子抄
8 カクテルとじゃがいも
9 王妃の髪飾り
10 割れても末に
11 象の鼻
12 ウィスキーキャット

web拍手 by FC2

  1. 2011/10/29(土) 04:59:50|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1118-e01dfff9

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。