* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『自転車冒険記』今どきの冒険…なのかな?

自転車冒険記---12歳の助走自転車冒険記---12歳の助走
竹内真

河出書房新社 2011-02-16
売り上げランキング : 80074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『自転車少年記』(過去記事参照)の続きにあたります。
昇平が親になり、その息子・北斗が挑む冒険の旅。

親世代である自分としては(息子もいないので)、現代だとこうなるかなぁ、という感じです。
親がサポートにつく分、スケールの大きなことはできるけど、それって囲いの中の冒険じゃない?などと思ってしまいます。昔とは違う、と言われればそれまでですが。

まあ出たトコ勝負な作品としては『走ル』(過去記事参照)がありますから、同じようにしなくてもいいとも思います。


あと、自転車ブームと言われるなか、乗り方を考えなくてはいけないと痛感します。
ちょうど<自転車>「視覚障害者の白杖折損増加」などというニュースもありました。

その点で、お手本とまではいかなくても、あまり無茶な話は書けなかったのかもしれません。
まず自転車は下の法規を守って、その上で自転車用レーンなどを要求していきましょうね。

・基本は車道。歩道通行は例外措置と考えて、その場合は歩行者優先。
 (歩行者をベルで威嚇するなってことね)
・車道では左側通行。逆走はもってのほか。
・夜間の無灯火、二人乗り、信号無視は違反。

基本は自己防衛(危ない走りはしない)。そのうえで他人に優しく、クルマも走ることを考えて、ということでしょう。

あぁ、毎度のことながら自転車乗れてないなぁ…。

web拍手 by FC2

  1. 2011/08/19(金) 00:18:01|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1112-f56d6380

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。