* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『本日は、お日柄もよく』舞台を広げすぎでは?

本日は、お日柄もよく本日は、お日柄もよく
原田マハ

徳間書店 2010-08-26
売り上げランキング : 36252
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気楽なOL・二ノ宮こと葉は、密かに片思いしていた幼なじみ・今川厚志の 結婚披露宴で、すばらしいスピーチに出会い、思わず感動、涙する。伝説のスピーチライター・久遠久美の祝辞だった。衝撃を受けたこと葉は、久美に弟子入りし……。 (Amazon 内容紹介より)

本好きなら、言葉の凄さというものは充分にわかっていると思います。それでもスピーチとなると発声するものなので、やや感覚が違うかもしれません。
そこのあたりをもっと描写してほしい感が…。

あと、主人公は国政選挙にも関わることになるのですが、アメリカのオバマ、クリントンの名前はあがっても、日本の党は与党、進展党と対する野党、民衆党など濁してあります。事実ではないなら、オバマあたりも変えればいいのに、中途半端な印象。

読者は、日本の政権交代以後も知っているし、今以後の読者はアメリカの中間選挙でのオバマ政権の評価についても知っています。
政治は言葉だけではないということも、政治だけではないですね、組織という多数の人間が関わる場所では、同じ言葉の下で正反対の行動が取られたりします。

それは作者もわかっていると思いますが、もしかして迷っているのかもしれません。
オバマ演説は(全文読んだり聞いたりしてませんが)魅力的らしいですからね。
日本はダメでもオバマなら、と賭けてみたのでしょうか。

スピーチをする人のための本と割り切って、脱サラまでは手を広げなければ…?
☆☆☆--

政治への期待感の薄さ、どこが政権を取っても変わらないさ、というのをネーミングから感じます。民衆党・小山田党首に進展党・小早川党首。どちらも三文字姓で最初が「小」。読んでて紛らわしいったらない。
でも、ストーリー上では政権交代は強く語られるわけで…。
さて、作者の真意はどうなのでしょう?

web拍手 by FC2

  1. 2010/11/03(水) 23:40:55|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1042-76661a15

「本日は、お日柄もよく」原田マハ

二ノ宮こと葉は、製菓会社の総務部に勤める普通のOL。他人の結婚式に出るたびに、「人並みな幸せが、この先自分に訪れることがあるのだろうか」と、気が滅入る27歳だ。けれど、...
  1. 2013/04/30(火) 16:27:51 |
  2. 粋な提案

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。