* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『落語の国からのぞいてみれば』江戸の昔がよかったわけではないが

落語の国からのぞいてみれば (講談社現代新書)落語の国からのぞいてみれば (講談社現代新書)
堀井憲一郎

講談社 2008-06-17
売り上げランキング : 158766
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

順序を跳ばしてしまいました。
出版は「江戸の気分」の方が後になります。正しくはこの二冊の間に「落語論」があります。順序をつければ講談社現代新書の堀井本を、1、3、4、2と読んだかたちです。(1番目は「若者殺しの時代」

いろいろあって江戸の気分を一から知りたいという読者にはおすすめでしょう。

また落語のセリフもよく引用されますので、落語ファンだが江戸風俗は疎いという初心者にもおすすめ。江戸の時間がわからないと「時そば」は楽しめないてのも昔、書きました。

で、初心者向けかというと
「水のかわりに飲める日本酒というのは、どうも、いま飲んでる酒と違う気がする」(P.199)など鋭さは変わらず。中級者にも楽しめると思います。

ちょっと民俗学っぽいのが好きなら、なおよし。
☆☆☆☆-

【目次】
まえがき
第一章 数え年のほうがわかりやすい
第二章 昼と夜とでは時間がちがう
第三章 死んだやつのことは忘れる
第四章 名前は個人のものではない
第五章 ゼニとカネは別のものである
第六章 五十両で人は死ぬ
第七章 みんな走るように歩いてる
第八章 歩くときに手を振るな
第九章 生け贄が共同体を守る
第十章 相撲は巨大人の見世物
第十一章 見世物は異界の入り口
第十二章 早く結婚しないといけない
第十三章 恋愛は趣味でしかない
第十四章 左利きのサムライはいない
第十五章 三十日には月は出ない
第十六章 冷や酒はカラダに悪い
あとがき

参考文献的おもしろかった本解説
登場落語の解説
落語索引

web拍手 by FC2

  1. 2010/10/27(水) 23:57:51|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1039-0020ce1f

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。