* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『わたしたちの田村くん』(1)原点回帰してみました

わたしたちの田村くん (電撃文庫)わたしたちの田村くん (電撃文庫)
竹宮ゆゆこ/イラスト:ヤス

メディアワークス 2005-06
売り上げランキング : 33744
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「とらドラ」の竹宮センセイについて、ちょい禁断症状が出てきたので手に取ったデビュー作。

主人公・田村雪貞と美女二人・松澤小巻と相馬広香。
ギャルゲーシチュエーション?などと思っていたら、時間差攻撃でした。
(「とらドラ」のほうがもっと女の子多いし)
中学の同級生と高校の同級生です。

進路調査票に「故郷の星へ帰る」と書く松澤が中学の同級生(「うさぎホームシック」)。
「私の家は月にあるから」というのがマジなのか引っ掛けなのか、初めて読む人にはわからないわけですよ。ズルズルとまったりSFになるのか?学園モノに着地できるのか?

ここらでまず先制攻撃は成功。初物に弱いジャイアンツみたい。

一方「氷点下エクソダス」の相馬は高校の同級生。だが、出会いはその前だった。
こちらでは作者は決め球に迷ってます。「とらドラ」では確かあまり出てこなかったはずのパンチラなどに挑戦。またしても野球になぞらえると、試してみたけど決め球にならなかったチェンジアップというところでしょうか。

あえて内容には触れませんが、二人が非接触でバラバラに配置された後で次に引っ張る松澤の葉書が…。「相馬さんって、誰?」と。
これは効きました。これで2巻に進まないヤツはいません。参りました。

しかし、ラブコメには辛く。
☆☆☆☆-

高浦とその奇妙な妹を描く番外編「高浦さんちの家族計画」も収録。
web拍手 by FC2

  1. 2010/10/01(金) 12:49:42|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

これ、結局読まなかったんですよねぇ。いちお、セカイ系って内容らしいんですが(なんですかね?)

最近、90年代のエヴァンゲリオンに端を発した(のかな?)セカイ系がちょっと懐かしい感じがしてきて、「ブギーポップは笑わない」とか(1巻しか読んでませんが)好きではないんですが、なんなんでしょうかね?これ。
  1. 【2010/10/02 00:08】 URL | mtkw #- [ 編集]

少し前の「文化祭オクロック」でセカイ系云々の会話が出てきて、ちょっと調べましたが、「田村くん」は違うと思います。
「イリヤの空、UFOの夏」はセカイ系らしいです。

「イリヤ」が2001から2003年で、「うさぎホームシック」はかなり影響を受けているようではありますが、これは引っ掛けです(あ、ネタバレ)。ただのラブコメなので楽しく読めると思います。

セカイ系で挙げられる作品は「エヴァ」以外、あまり反りが合わないのが多そうです。
はてなキーワードだと「経験の蓄積もそれほどない」若者向けらしいですから、ま、自分たちには向かないんじゃないですかね。
  1. 【2010/10/02 04:12】 URL | Bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1028-486c4141

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。