* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『路地裏ビルヂング』楽しくおこわに掛けられたい

路地裏ビルヂング路地裏ビルヂング
三羽省吾

文藝春秋 2010-07
売り上げランキング : 274758
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表紙のオブジェ製作は金沢和寛
オンボロ雑居ビル、辻堂ビルヂング(辻は二点しんにょう)では今日も店子があれやこれやと…。
連作短編らしく、「道祖神」の加藤は各話に顔を出します。サービスだねぇ。

厳しいご時世で、お気楽な話はあまりありませんが、作者らしくて楽しめます。
雑居ビルに店子同士のつながりなんて無い、との評もありましたが、無理を通して話をつなげるのが加藤のパワー(?)なんでしょうか。
何の店でもまずいという1Fの食べ物屋も毎回登場しますが、やはりやや受け身かと。

作者はどうしてもつなげたかったんでしょうねぇ。

とにかくフロア面積八十平米もないのに社員数五十人の5Fが一番無理があります。
それが第一話ですから。作者流のファンタジーなんでしょうか。

ファンタジー路線狙いなら、オブジェは正解でしょう。
☆☆☆☆-

収録は六話。タイトルと簡単な説明を以下に。

道祖神:
 5F オーガニック・ヘルス㈱に就職した加藤は失業保険を狙っていたが…。
紙飛行機:
 2F あおぞら保育園(無認可)の種田先生は息子から同居を勧められて考え中。
サナギマン:
 3F 辻堂塾のアルバイト講師、大貫は司法書士を目指していたはずだが…。
空回り
 4F HN不動産の電話営業 桜井さんは退屈なせいか、コソ泥騒ぎに巻き込まれ…。
風穴
 6F 辻堂デザイン事務所の江草は会社に風穴を開けるためにプレゼンに挑む。
居残りコースケ
 1Fの店はコロコロと変わるが店員は同じ。コースケじいちゃんは勤め始めて七十年。
各話の扉は表紙にある各階店子の人形なのだが「空回り」だけは1F、ガンジャ(正体不明の外国人)の顔。桜井さんを作り始めてイメージが狂ったのが「ユカリ先生」なのか? web拍手 by FC2

  1. 2010/09/26(日) 23:54:56|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1023-99a6f470

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。