* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『教養』雰囲気はなんとなく…しかし乱暴

教養教養
小松左京鹿野司高千穂遙

徳間書店 2000-11
売り上げランキング : 697065
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高千穂遙小松左京の「教養」のすさまじさを伝えんとして科学評論家の鹿野司の助力を得て挑んだ。

ただやはり一冊本というスタイルでは大上段に構えたタイトルほどには伝えられないのではないのでは?本書刊行後に始まった「小松左京マガジン」(未読:小松左京が古稀を記念して2001年1月より発行している「道楽」としての個人雑誌。2010年7月現在で第38巻まで発行)のような形のほうが向いているかとは思うが、これを基礎文献としてブログなどネットなどで引用されていかないとその凄さは伝わらないとも思う。
Amazonでも買えるようですが、内容が見えなすぎ。


内容の誤謬などもネット評では指摘されていますが、扱うテーマに対して文章量が少なすぎるのではないでしょうか。エッセンスを詰め込んだというには内容が薄く、上っ面をなでたような印象です。

SFらしさである非人間的な極大スケールでの歴史観などは懐かしくもあるのですが。
☆☆☆--

目次

まえがき――キーワードは「教養」(高千穂 遙)

第一章 生命とは何か
生命と非生命
生命の誕生
ポイントは自己複製
ウイルスの立場
性のもつ意味
生命と環境

第二章 進化とその意味
誤解された進化論
絶滅なくして進化なし
生物種の総数
地殻大変動
外部天体の影響
生命史のシミュレーション
進化に法則はあるか
進化論の隙間
種の出現
ヒトに至る道

第三章 知性と文明
コンピュータは知性をもつか
『鉄腕アトム』のおかげ
きびしい「偶像破壊」
ホモサピエンスとネアンデルタール
言語はいつはじまったか
思考が先か、言葉が先か
大脳化が社会をつくる
文明は交易からはじまる
言語と音

第四章 人工生命
生命の個性が消える
クローンより細胞銀行
スピードが増す技術の拡散
人口問題なんて大したことない
種に寿命はあるか
エマージングウイルス
SF界を守れ!

第五章 死を考える
不死へのアプローチ
自我の保存は可能か?
この宇宙は試作品?
死ぬということ
不老不死は実現するか
継ぐのは誰か
問題はジャーナリズム
戦争と平和
人類は孤独に耐えられるか
人類にはまだ宇宙がある

仮想対談……(高千穂 遙VS鹿野 司)

本文解説
本書をより理解するためのホームページ案内

あとがき(鹿野 司)
web拍手 by FC2

  1. 2010/08/29(日) 00:40:30|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1012-8b0b6a16

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。