* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『裁判員の女神』(5完)死刑は憲法違反か?

裁判員の女神 5 (マンサンコミックス)裁判員の女神 5 (マンサンコミックス)
[画]かわすみひろし/[作]毛利甚八/[監修]井垣康弘

実業之日本社 2010-06-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回の案件は無差別殺人。
世論は死刑ですが、裁判員たちは死刑が憲法違反かどうかなどが議論します。

憲法では、公務員による残虐な刑罰は禁止されています。では死刑は残虐か?
昭和23年にたくさんの国が行っているから日本も同じように死刑を行っていい(残虐ではない)という最高裁の判断がありましたが、139ヶ国が死刑を行っていない今、その根拠は崩れるのではないかというのです。

「社会を騒がす大事件が起こるとその不安を紛らわすために似たような事件の死刑囚が殺される傾向がある」ともあり、施政者が統治の手段として手放さない仕組みのようにも描かれます。


今回は加害者本人に代わって遺族の世話を買って出た人物がいて、逃げ道が用意されている感じがありますが、何の罪も落ち度もない人を殺すという事件については精神的に問題があったとしても死刑は考慮されるべきではないかと思います(個人的な意見ですが)。
法の下の平等ってのとはちょっと違うかもしれませんが、裁判所に人々が求めているのはその平等を前提とした刑罰の判断ではないでしょうか。死刑廃止は加害者優遇というか、死んだ(殺されたとしても)人間には何の権利もないという(そりゃ死人に口なし、権利なし、なんだろうけどさ)殺され損という不平等を感じます。

過失を除いて、殺人には加害者の死をもって償うしかないのでは?と思います。

読んで2週間くらいの間の悩みを込めて。
☆☆☆☆-

もっと続けてほしかったなぁ…。

目次
44号法廷◎夜の惨劇
45号法廷◎闇深く…
46号法廷◎生まれつきの悪魔!?
47号法廷◎二人だけの秘密
48号法廷◎愛情の詰まった人生
49号法廷◎一人ぼっちの想い出
50号法廷◎不幸の連鎖
51号法廷◎罪の重さの決め方は?
52号法廷◎死刑を見つめる
53号法廷◎価値観と答え
54号法廷◎決断の壁
55号法廷◎裁判員、心を尽くす
56号法廷◎成長の証
最終法廷◎みんなの幸せ
web拍手 by FC2

  1. 2010/07/19(月) 19:13:31|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1003-334c58d3

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。