* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『未来を切り拓く!数学は「働く力」』自立と魅力がキーワード そして余談

未来を切り拓く!数学は「働く力」 (なるにはBOOKS)未来を切り拓く!数学は「働く力」 (なるにはBOOKS)
高濱正伸

ぺりかん社 2011-11
売り上げランキング : 94101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者は花まる学習会代表としてニッポン放送などでもお馴染み。

私の子は受験生ではありませんが、高濱さんの目指す自立と魅力、子ども向けには、「メシを食っていける人」「もてる人」という方針には大賛成です。

花まるグループのサイトは以下。
→http://www.hanamarugroup.jp/

1章の「なぜ学ぶのか?」から始まって、具体的な「見える力」「詰める力」、そして6章の「自分の将来の決め方」まで気になるところはアレもコレもあるのですが、私に余裕がないので余談的にひとつだけ。

ちょっと話が遡りますが、昔から個人的に「一生青春」とか言う人が苦手だったし、自分でもちょっと違うんじゃないの?と思っていました。
春夏秋冬、それぞれの季節が人生でもあるのでは、程度の疑問ですけどね。

この本のなかで著者が紹介している母校の活動に、社会人の先輩を招いて話を聞く会があります(著者はアドバイザー)。で、今まで頼んだ先輩は全員が快く引き受けてくれたそうです。その理由を「ほとんどの人は、後輩に道をつなぎたくて生きている」と書いています。(P.151)
なんか年のせいかもしれませんが、このことがよく分かる気がします。

それって「自分ががんばる!」っていう青春ではなく、ある程度結果が出た後の季節、秋や冬のイメージがするんですよね。うまく説明できませんが。

こんな考え方の人は少数派だろうと思っていたら、先輩全員というのが嬉しいです。

自分でも細々ながらブログを続ける理由の一つは、同じ感覚の読者への声かけかも知れないと思ったりもします。なかなかそれ以上の行動というのはね、生活に余力がないんですけど。


数学に関する本であり、人生を語る本でもあります。
ドリルのように単純ではありませんが、数学嫌いでも読めると思います。
ご一読を。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2012/04/04(水) 01:32:48|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。