* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マンカラ再び

左のページランキングで3位に入っているのが過去記事「アウェレてゆーかマンカラ?!」
3位といいつつ、単独記事では1位。

そんなんで、ちょとフォロー記事を。
過去記事の無料ゲームはリンクも切れてしまっていますし…
(ゲーム記事については最近は楽屋サイトで紹介してますが今回は特別ね)。

ゲームのルールについてはこちらを。
→http://brainking.jp/jp/GameRules?tp=103

またコンピュータ相手のゲームを試したい方はこちらを。
→http://ja.flashgamehq.com/flash-game/mancala_v3

ぶっちゃけ以下のゲームです(埋め込みました)。
※スタート画面が出るまで少々お待ちください。ルールは英語なんで飛ばします。
 いくつかのサイトで遊べますが、これのいいところはマウスを重ねると石の数を教えてくれるところ。石が多くなったとき便利です。

 ただサイズが小さいのでリンク先のオリジナルをお勧めします。







Index of flash games - FlashGameHQ.com


ただねぇ、前にも書きましたが、コンピュータ相手だとまず勝てませんよ。
イライラが募るばかりなのでそこそこに切り上げてくださいね。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2012/03/16(金) 02:07:05|
  2. extra|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

『僕と日本が震えた日』見えない不安を見えるように

僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)
鈴木みそ

徳間書店 2012-03-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東日本大震災の後、マンガの分野で体験記やチャリティー本など出ましたが、結局、今まで買っていません。
避難者34万人以上、死者行方不明者1万9千人の災害に対して、まだ気持ちが落ち着かないというのも理由の一つかもしれません。

でも、放射能については他人事ではないので、考えなくてはいけないとも思っていました。このマンガの中で、三重大学の勝川先生の説明はわかりやすかったです。
以下に少々。

・食品の暫定基準値について
ゆるくすると内部被爆が増えてしまい、厳しくすると食べるものがなくなって健康被害を起こすので線引きは難しい。事故発生直後は大きな被爆を避け、だんだんと下げていくというのが基準の考え方。

・100ミリシーベルト以下の被爆について
大きく分けて3つの仮説がある。
①LNTモデル(しきい値のない直線モデル)
 被爆量が半分になれば発ガンリスクも半分になる。
 どんなに少ない放射線でもそれに応じてガンリスクは増えるという考え
②しきい値モデル
 少ない放射線ならば人体が修復できるので低線量ではガンリスクはなくなるという考え方
③ECRRモデル
 反核団体ECRRによる低線量の内部被爆の影響を最も大きく評価する独自モデル

③については、採用する人は少ないが、先生はリスクを最大限に見積もって際の参考値として考えているそうです。

長くなりました。
「あとがき」に「恐怖の多くは見えない不安からやってくる」とあります。
そのためには、このルポコミックのようなものが、広く議論されないといけないと思うのですが、「メディアで自由な発言ができないね 今」と経済学者の小幡積氏が話されています。

なんとかなりませんかね?

内容は以下。

■都市被災編 僕と家族が震えた日
■書籍流通編 僕と出版が震えた日
■先端科学編 僕と加速器が震えた日
■日本経済編 僕と経済が震えた日
■食品汚染編 僕と放射能が震えた日
■東北取材編 僕と日本が震えた日
■正しい放射線の測り方
 1・ガイガーカウンター編
 2・食品線量計測編
■あとがき

web拍手 by FC2

  1. 2012/03/15(木) 01:03:19|
  2. comics|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

『らーめん才遊記』(6)天才の実力や如何に?

らーめん才遊記 6 (ビッグ コミックス)らーめん才遊記 6 (ビッグ コミックス)
作:久部緑郎/画:河合単

小学館 2012-02-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

5巻感想、跳ばしてしまった。

今回、時代の尻馬に乗ったTV企画「なでしこラーメン選手権」が始まります。
と同時に天才、石原麻琴が登場(表紙、左の娘です)。

ただ、なーんか胡散臭いんですよねぇ。

まず一次予選Aブロックで石原と主人公・ゆとりが対戦します。
指定食材が「エビ」ということで石原は「オーソドックスな醤油ラーメンの煮干しゃカツオ節にあたる乾物部分を、干しエビに置き換えた」ものを作ったわけです。

でも、トップバッターは「お店の味噌ラーメンにエビだしを合わせ」たのを出して、「意外性は皆無」と言われたりしてるんですよ。バランスはよくても評価は低くなりそうですが…。

フォロー(?)として有栖さんに「トンコツ、鶏ガラ、干しエビでスープを取るのは誰でもできるが、それだけの作業でこんな未知な美味を創出してしまうとは…」と語ってもらってます。未知って何?大仏顔がトリプルだって、背景に絵が浮かばないのは初めてじゃない?

ゆとりのラーメンについても多少疑問は残りつつ、「オマール海老を一尾まるごと」という説明には納得できますが…。

とにかくまだ一次予選Aブロックが終わったばかり。夏川先輩と難波さんのDブロック対決が次の山場でしょうか?

ちなみに各ブロック2名が勝ち上がります。でAからEまでで10名。それを5名づつに割り振り2ブロックで二次予選。また2名勝ち上がりで決勝大会は4名となります。
新しい注目キャラはあと何人登場するのか?

不安な展開ながら次巻を待ちます。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2012/03/14(水) 00:30:39|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『南極点のピアピア動画』それでもSF小説

南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)
野尻抱介

早川書房 2012-02-23
売り上げランキング : 70

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヴォーカロイドと動画サイトの未来という内容。
しまった、3月9日はミクの日だったというのに~。

内容は連作4編。
・南極点のピアピア動画
・コンビニエンスなピアピア動画
・歌う潜水艦とピアピア動画
・星間文明とピアピア動画

ラノベっぽいというか「ふわふわの泉」っぽいというか、このところ(といっても、これが5年ぶりの新刊なのだけど)の作風とはちょっと違う感じです。

でもやっぱりSF小説。
一番の理由はヴォーカロイドの名前。「小隅レイ」です。

もちろん由来は「小隅黎」。
日本初のSF同人誌〈宇宙塵〉を、1957年5月の創刊時より一貫して主宰、編集してこられた、SF作家・翻訳家の柴野拓美氏のペンネームです。
(氏は2010年1月16日に逝去されました)

小惑星探査機「はやぶさ」は「イトカワ」(日本のロケット開発の父・糸川英夫に由来。糸川英夫氏が、一式戦闘機 隼の設計に関わったから)につながります。
(鶏と玉子のようでわかりにくいが、「はやぶさ」が先らしい)

作者は「小隅レイ」を採用することでSFの系譜に連ならんという自負を示した、と思うわけです。
この「つながり」というのがラノベとの大きな差だと思うのですが。

あまりにも御都合主義で楽観的な内容といわれれば、東日本大震災後の今時、深刻ぶっていられないでしょ、とも思います。前回の記事でいうなら「やる気を失くしたインテリ男」より「粗野だがバイタリティーあふれる男」を選んだというところでしょう
(本作では後半2作が震災後の発表)。

糸川、はやぶさにつながる何が何でも宇宙志向というDNAは自分にはないと思いますけどね、このくらいお手軽に宇宙に道が開けるのなら、覗いてみたくはありますな。

作中曲でもある「ハジメテノオト」は以下。本書を読んできたというコメント多し。


web拍手 by FC2

  1. 2012/03/10(土) 23:09:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

『二度寝で番茶』老いたりといえど浅からず

二度寝で番茶二度寝で番茶
木皿泉

双葉社 2010-09-28
売り上げランキング : 19408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

脚本家・木皿 泉。「大福」さん(男性)と「かっぱ」さん(女性)、二人合わせて2012年に110歳くらい。この人の本を初めて読みました。脚本で関わったという「やっぱり猫が好き」や「Q10」は見てません。「セクシーボイス アンド ロボ」は原作が好きで見ましたが、一番残ってるのは主題歌でした(↓)。


そんなわけで、何で読んだの?と聞かれれば、偶然なんです。
少し前「考えの整頓」のことを書きましたが、アレ、図書館で借りたんですね。で、その時に前に借りた人の記録紙がはさんでありまして、「二度寝で番茶」を一緒に借りていた、と。
そんなご縁でございます。

で、目上の方というか、人生の先輩の発言はなかなかに深いものがありますな。

■人の一生をお化け屋敷に例えて、人生はびっくりの連続、何が起こるかわからないおまかせが楽しい。しかし、その楽しさは出口の見えない若い人にはわからないだろうなぁ、とも。

■戦後の映画に出てくる男性は2種類。闇市で儲けてスクーター乗り回してるバイタリティーあふれる粗野な男と戦争に負けてやる気を失ったインテリ男。

■自由とは、選択の余地がないがんじがらめの中で獲得するものです。

■自分を大きく見せようと誰かの借り物で武装してる人は、借り物のものしかつくれない。でも、自分をダメだと認められる人は、自分を心から肯定できるということでしょう?自分は自分でいいんだと思えるところからしか、オリジナルなものは出てこないと思う。

■著者の知っている女性は、同窓会なのに年齢をごまかして、みんなから呆れられていた。みな、目先の勝ち負けにはこだわるというエピソード。

ま、最後のは蛇足です。決して難しい話ばかりではないと。

数年経ったら、また読みたいと思いましたね。
納得する部分は増えるでしょうか、それとも…。


・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2012/03/04(日) 01:58:09|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。