* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『サッカーの憂鬱』薄い中身だけど、0号ではない…と思う

サッカーの憂鬱~裏方イレブン (マンサンコミックス)サッカーの憂鬱~裏方イレブン (マンサンコミックス)
能田達規

実業之日本社 2012-01-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サッカー関連のお仕事マンガ。
いやぁ、いろいろあるもんだねぇ。下、CONTENTS 参照。

サッカー選手をリタイアしても、そもそも体力がなくても、女性だとしても、サッカーが好きならそこに仕事はある…。
そして仕事をがんばっていると、見えてくる何かがある。

…サッカーに限らないか。

お勧め!!

CONTENTS
CASE.1 審判
CASE.2 クラブ広報
CASE.3 ホペイロ~用具係という仕事~
CASE.4 実況アナウンサー
CASE.5 第3ゴールキーパー
CASE.6 スポーツカメラマン
CASE.7 通訳
CASE.8 ユースコーチ
CASE.9 チームドクター
CASE.10 クラブ社長
CASE.11 ターフキーパー~芝管理人~
おまけ漫画~サッカーと私~


タイトル「0号ではない」というのは、これ以上書き換えをしないだろうという意味。
0号については少し前の記事を参照。
今現在、0号から1号にアップデートした記事がないのも事実。

どうしたものでしょう?

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2012/02/23(木) 01:26:01|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『考えの整頓』と『ピタゴラ装置DVDブック』

同じ月に出た二つを数ヶ月遅れで同じ頃に読み、観ました。
薄い感想などを。
考えの整頓考えの整頓
佐藤雅彦

暮しの手帖社 2011-11-01
売り上げランキング : 1912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんだか普通な感じのエッセイかなぁ。いや面白いけど。

デザインとアートの違い(P.219)
『デザインとは「よりよく生きるための方法」であり、アートとは「なぜ生きるか」ということ自体から考えることである』
など、いろいろ後から効いてくる感じもしますが、こちらの体調のせいでしょうか。

なにしろ一番面白かったのは
『「差」という情報』の中の「ファミリー・クリスマス」という実話。これは、不況下のアメリカで起こった、とある極めて貧しい一家のクリスマス・プレゼントの話。
これが著者のアイデア、というのではなく「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」(by ポール・オースター)から紹介されたもの。わかりやすいっちゃわかりやすい話なので、やはり疲れがコチラにあるのかも…。

他の文章も面白いんですよ。
だけど、やはり微妙な面白さなので、あまり薄味だとぼやけてしまう感じでしょうか。

掲載は「暮らしの手帖」。2007年1月から2011年5月までの連載「暮らしの整とん」に加筆。去年の震災で、著者が考えたことに興味がある方もどうぞ。

薄味は煮詰めれば濃くなるか?
ピタゴラ装置DVDブック(3)ピタゴラ装置DVDブック(3)

ポニーキャニオン 2011-11-25
売り上げランキング : 270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一冊目二冊目からずいぶんと経ちました。そろそろタネ切れだろうという予想を裏切っての三冊目。

「どうぶつ装置」や「スーパースロー装置」など新たな仕掛けに唸ります。
磁石の増力装置なんてのもいいですね。

web拍手 by FC2

  1. 2012/02/22(水) 02:05:43|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『ぼくらのよあけ』0号

ぼくらのよあけ(1) (アフタヌーンKC)ぼくらのよあけ(1) (アフタヌーンKC)
今井哲也

講談社 2011-06-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ぼくらのよあけ(2) (アフタヌーンKC)ぼくらのよあけ(2) (アフタヌーンKC)
今井哲也

講談社 2011-11-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

よくできたジュブナイル。
宇宙の果てまで行きたい人向け?

最近は、「何用あって月世界へ」という心境なので、さほど感情移入できません。
年齢かな?

web拍手 by FC2

  1. 2012/02/17(金) 00:28:28|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『まりかセヴン』0号

まりかセヴン(1) (アクションコミックス)まりかセヴン(1) (アクションコミックス)
伊藤伸平

双葉社 2011-10-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

特撮オマージュ。「MM9」といい、ブーム?
それより、これ調べてて「パードル」が続いてるのを知って驚いた。

楽勝!ハイパー〓ドール (Vol.1) (トラウママンガブックス)楽勝!ハイパー〓ドール (Vol.1) (トラウママンガブックス)
伊藤 伸平

英知出版 2002-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


楽勝!ハイパー・ドール6.5楽勝!ハイパー・ドール6.5
伊藤 伸平

密林社 2011-08-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


web拍手 by FC2

  1. 2012/02/16(木) 01:42:46|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雑談2

青色申告近づいています。仕事が一段落したので、まとめてがんばらなければいけないところですが…。

■0号という発想
どうやってタイムリーに記事を更新するかというのは以前からの大きな課題でした。

書かなくてもいいとも思いましたが、やはりインプットした以上、アウトプットはしないと不健全かな、と。

で、これはと思ったものについては、0号記事ということでまずアップしようかと考えました。中身はごく薄いものと思いますが、買っただけという記事は書きたくないですね。1号以降は、0号の追記とするか、全面改稿するかは…やりながら考えます。


■パッシブスピーカ
ELECOM 携帯型電源要らずコンパクトスピーカ PSP-CS500WSELECOM 携帯型電源要らずコンパクトスピーカ PSP-CS500WS

エレコム 2006-01-31
売り上げランキング : 581

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前の記事で買ったメディアプレーヤー。画面3インチは満足していますが、内蔵スピーカはないんです。イヤホン使いになかなか慣れず、小さいスピーカが欲しいなと思って注文したもの。

ビデオコンバーターは最近は「Any Video Converter」てのを使ってます。

ところが、1週間経ちましたが、まだ届きません~。
本は早いんだけどねぇ。

最近のイチ押しは(ベタですけど)手嶌葵「流星」です。

web拍手 by FC2

  1. 2012/02/15(水) 19:21:29|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雑談1

まとめった時間がなかなか取れません。とりあえず、いろいろと。

■2012年3月のコミックス
とりあえずは携帯サイトだけ更新しました。6日にはアップしてたんですけどね。

■PCについて
5台目のPCについて書いてませんでした。
前回の購入記事を探すと6年前ですか。ご苦労様でした。まだ完全にアウトというわけではないんですけど。

前回にも「ネットにつながればかなりのとこ間に合う」と書いてますが、実践した感じですね。

買ったのは、Inspiron Zino HD デスクトップ(天板はトマトレッド)。
→http://www.dell.com/jp/p/inspiron-zino-hd-410/pd

一番は大きさですね。およそ20cm×20cm×9cmのコンパクトボディ。
次にOS。Windows7 Home Premium 。

ちょとわからないのがスペックですね。
最近、雑誌チェックとかしてなかったのであまり考えずに注文しました。

CPUは、AMD Athlon II X2 デュアルCore プロセッサー P360

これ、ロストナンバーなのでしょうか。レノボのノートPCとかでも使ってたみたいですが、最近は見ません。
受注日は昨年8月末なんですけど、問題がなければ、ま、いいか。

そもそも、Inspiron Zino HD というのは2009年11月発売以来、マイナーチェンジを繰り返してるようで、2010年1月、11月の記事は見つけましたが、私が買ったのはその11月分のスペックとも違っているようです。

他のスペック。
メモリは2GB(DDR3-SDRAM メモリ)
HDDは 500GB SATA HDD (7200回転、16MB キャッシュ)

割引セールで価格は4万円を切りました。
ま、ほぼ同時にモニタだのプリンタだのを一新したんで総額はもうちょっとです。

web拍手 by FC2

  1. 2012/02/14(火) 23:54:55|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『バカコーン』希望か?飢えか?

日本SF・原点への招待―「宇宙塵」傑作選 (1977年)
小隅黎・石川喬司

講談社 1977-05
売り上げランキング : 156233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日の記事でちょっと触れた「バカコーン」を読んでみました。

作者は槇 敏雄。「宇宙塵」には1961年に掲載されたようです。

内容としてはお化けとうもろこし(バカコーン)がある日突然に現れ、空いている土地にはびこり、建物もひっくり返す勢いで繁茂する。

建物を守るために日々、バカコーンを刈る義務を負わされ、主食はバカコーンとなる。
ある日、突然にバカコーンが枯れ始める。
そして厳しい生活がはじまるが、主人公は明るく語って終わる。

「みじめな生活だ。しかし満腹していたバカコーンの時代にまた戻りたいとは思わない。たとえ苦しくとも、今の自分には希望があるからだ。人生にとって、希望というものが如何に大切なものであるかを世界中の人が知っただけでも、この異変は大いに意義のあることだったといえるだろう」

動物に飼料として食べさせれば肉は食べられるんじゃないの?とも思いますが…。
ま、短編だけに細かい部分は突かないことにします。

かつてサルトルは、「飢えた子供の前で文学は無力か」という問いを立てました。ビアフラの飢餓に対しての言葉だったようで、年代は1968年辺りだと思います。

私はサルトルの問いに対する作品と考えていましたが、どうやら違うようです。


希望が飢えより大事か?といわれれば、私は No! と言いたい…というか満腹したら希望が無くなるとは思えないんですけどね。

web拍手 by FC2

  1. 2012/02/06(月) 00:52:59|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。