FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

山本幸久2冊

はなうた日和・「はなうた日和」山本幸久
 集英社 2005-07
世田谷区世田谷地域の人なら9割以上が知っている「世田谷もなか」。
店で配っている宣伝ちらし(フライヤー)がバナナペーパー(バナナの幹を原料とした紙)で出来ているのを知っている人は更にその9割(そのくらい有名)!
そこに連載された世田谷線沿線小説を知っている人が更にまた9割と仮定して
地域住民、8万6千人に支持されていよいよ単行本化!!
以上、10割の嘘!(いや世田谷線沿線小説はホント)
30頁前後の短編を8本収録。口当たりのいいお菓子の感じだが、腹にはたまらず気楽に読んでしまいました。ちょい物足りない。
★★-


凸凹デイズ・「凸凹デイズ」山本幸久
 文藝春秋 2005-10-25
大滝、黒川、凪海。3人だけの弱小デザイン事務所だけどレベルは高く。読んだ時期が時期だけにハチクロメンバー(森田抜き)でリアルに仕事をするとこんな感じかも。ビンボ路線ですが。さて、慈極園リニューアルプランはどうなるのか?ライバルQQQもなかなか一筋縄ではいかなそう。過去話を織り交ぜつつ…。
?最後、新たな凹組として写真に納まるけど、凸は結局どうなるのでしょう。凹に意味を持たせるのなら凸は~?凸は~?
?「女の武器、男の勲章」についてはネットで?が出てましたが、まあ及第点でしょう。
クリエーター仕事もの、好きなんですよね。長編てのもいいのか。
★★★


この前の一冊。
山本幸久「笑う招き猫」


さて、これで3冊山本作品を読んだわけなんですが、スイスイスーダララッタと読めちゃうんですよねぇ。つまらなくはないんですけど。
web拍手 by FC2

  1. 2006/09/24(日) 00:03:41|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三十路手前の青春

笑う招き猫・「笑う招き猫」山本幸久
 集英社 2003-12

売り上げランキング : 288911
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

女性漫才コンビの青春モノ。
時間にして、事務所に所属しての初ライブから1年くらいでしょうか。
ネタとしては少ないんで「マンザイ」部分を「ええから加減」のように期待すると…ちょっと。
でも、奇妙な唄を織り込んだりして、だれさせません。一気読みです。

NHKで勝ち抜いてて、民放・深夜枠の話が来て、でもネタの面白さよりキャラが立ってる面白さだと終わり近くに指摘されて、ずっとマンザイするとは思えないよねぇ…。
まだまだ続きそうな結末に引っ掛かるのは、作者の罠に落ちたということか?
「幸福ロケット」にアカコとヒトミの話が出てくるらしいので(手塚治虫のスターシステムに憧れてるらしい)著作を追いかければ後日譚がわかるのかな?!

マンザイものとしてより、青春ものとしてお勧め。
でもこれからが面白いと思うんだよね。
★★★★-

カネコアツシのクセのある表紙絵は好かない。どこかのレビューで「北陽」を思わせるってあって、漫才ネタは知らないけど北陽の伊藤さんと本書のアカコはキュートということでは通じるか、と。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2006/09/06(水) 00:51:43|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓