* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『僕と日本が震えた日』見えない不安を見えるように

僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)
鈴木みそ

徳間書店 2012-03-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東日本大震災の後、マンガの分野で体験記やチャリティー本など出ましたが、結局、今まで買っていません。
避難者34万人以上、死者行方不明者1万9千人の災害に対して、まだ気持ちが落ち着かないというのも理由の一つかもしれません。

でも、放射能については他人事ではないので、考えなくてはいけないとも思っていました。このマンガの中で、三重大学の勝川先生の説明はわかりやすかったです。
以下に少々。

・食品の暫定基準値について
ゆるくすると内部被爆が増えてしまい、厳しくすると食べるものがなくなって健康被害を起こすので線引きは難しい。事故発生直後は大きな被爆を避け、だんだんと下げていくというのが基準の考え方。

・100ミリシーベルト以下の被爆について
大きく分けて3つの仮説がある。
①LNTモデル(しきい値のない直線モデル)
 被爆量が半分になれば発ガンリスクも半分になる。
 どんなに少ない放射線でもそれに応じてガンリスクは増えるという考え
②しきい値モデル
 少ない放射線ならば人体が修復できるので低線量ではガンリスクはなくなるという考え方
③ECRRモデル
 反核団体ECRRによる低線量の内部被爆の影響を最も大きく評価する独自モデル

③については、採用する人は少ないが、先生はリスクを最大限に見積もって際の参考値として考えているそうです。

長くなりました。
「あとがき」に「恐怖の多くは見えない不安からやってくる」とあります。
そのためには、このルポコミックのようなものが、広く議論されないといけないと思うのですが、「メディアで自由な発言ができないね 今」と経済学者の小幡積氏が話されています。

なんとかなりませんかね?

内容は以下。

■都市被災編 僕と家族が震えた日
■書籍流通編 僕と出版が震えた日
■先端科学編 僕と加速器が震えた日
■日本経済編 僕と経済が震えた日
■食品汚染編 僕と放射能が震えた日
■東北取材編 僕と日本が震えた日
■正しい放射線の測り方
 1・ガイガーカウンター編
 2・食品線量計測編
■あとがき

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2012/03/15(木) 01:03:19|
  2. comics|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

『銭 七巻』総決算でお幾らでしょう?

銭 七巻 (BEAM COMIX)銭 七巻 (BEAM COMIX)
鈴木みそ

エンターブレイン 2009-03-25
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金銭から世の中をルポするマンガもこの巻で終了…なんですが、どうやらルポ・マンガでは納得できなかったようで、心の問題に移動して終わります。

「一生働かなくてもいいお金が手に入ったら何をしますか?」という質問に作者は戸惑ったそうですが、「一生働かなくてもいいお金」は「永遠の命」と同じような架空問題ではないでしょうか。
庶民が一生で稼ぐお金の何十何百倍もを稼いだはずの人が、金に困って詐欺をはたらく事件がありました。ま、そこまでの無駄遣いは考えていないようですが、感覚は麻痺していくものだし、麻痺する前に自分の人生の意義を見つけられなければ、やはり破綻するとは思います。

結末は作者なりの答えだと思うのですが、ここまで巻を重ねてきた割には、あっけないように思います。連載疲れ?

債務の一本化あたり(参巻)は時代の先端でしたね。今の現実はその先をいってますが。


世に言う百年に一度の不景気のなか思うのですが、ヒトが作り出したシステムの中で「お金」は使いこなせないシステムの最たるものではないでしょうか。
なんとか首に鈴を付けようとする考えもありますが、制御しなくてもいいと考える人も多く…まあそこら辺は今、読んでいる本なのでその感想のときに。

利子を取らないイスラム銀行や、一時乱立した地域通貨などもレポートしてほしかったのですが…。
☆☆☆☆-

第六拾参話 続々・死者の値段
第六拾四話 ホストクラブの値段
第六拾伍話 続・ホストクラブの値段
第六拾六話 続々・ホストクラブの値段
第六拾七話 続々々・ホストクラブの値段
第六拾八話 快楽の値段
第六拾九話 続・快楽の値段
第七拾話 続々・快楽の値段
第七拾壱話 人生の値段
第七拾弐話 続・人生の値段
第七拾参話 続々・人生の値段
最終話 心の値段
あとがき 

「ZENなるものにIをつないで」などという駄文は以下。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2009/05/16(土) 23:35:46|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「流出者 -ナガレモノ- 」総数10誌の隙間から

流出者 -ナガレモノ- (BEAM COMIX) (BEAM COMIX)・「流出者 -ナガレモノ- 」鈴木みそ
 BEAM COMIX(エンターブレイン)2008-02-25
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

オビの話。
これ、全作品が初単行本化だそうです。祝とかあるんで「全作品初単行本化」ではなく「全作品単行本化」なのかと思いました。
かなり細かい仕事まで集めた感じはしますが、「ボクたちのみた未来」だけカラーであとはモノクロというのが…。

どうせファンが買うんだから、値段三倍にしてフルカラーでどう?
あと、もうちょっと大きい版型にしてもらえると…。

濃すぎて読むのが大変です。
☆☆☆☆-

CONTENTS
ボクたちのみた未来
ブロック1 ルポルタージュ
 おひろめ Vol.1~Vol.31
ブロック2 バラエティ
 金持ち兄さん貧乏兄さん
 お笑いプロ野球 Vol.1&2
 ネットのワナ! Vol.1&2
 About my favorite Vol.1&2
ブロック3 ゲーム
 ボンバーマンオンラインMMO
 BOMBERMANのしくみ
 ちょっとだけ帰ってきた大人のしくみスペシャル
 クマゲームストーリー Vol.1~ Vol.7
ブロック4 パソコン
 デジタルなミゾ Vol.1~ Vol.14
流出者余話(ブロックごとに5つ) 
web拍手 by FC2

  1. 2008/04/25(金) 21:02:55|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

「銭」(六)物語は転がるが、全体に重たく…

銭 六巻 (BEAM COMIX)・「銭」(六)鈴木みそ
 BEAM COMIX(エンターブレイン)2008-02-25
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

お金をキーワードに世の中を眺めるマンガ。もう連載5年だそうです。
今回、主人公に大きな変化が…。そろそろ一区切りでしょうか。

「青少年インターネット規制法案」の関連記事など眺めながら読むと「今のエロは史上最高のクオリティ」とか「なんで簡単に脱いじゃうの?」とか…ここら辺、狙われる部分だよねぇ…。
「古いメディアが死んでいく」のは、まあ流れとして、新しいメディアができないうちに殺されちゃうと、どうなるんでしょう。

もうひとつ、葬儀のほうも、結婚と違ってやっぱり重たいですね。もうとっくに結婚式より通夜のほうが出る回数が多い年齢ですけど…。

次は明るい話になるという作者の言葉に期待します。
☆☆☆☆-

収録は拾話。

[第伍拾参話]続々・エロの値段
[第伍拾四話]続々々・エロの値段
[第伍拾伍話]エロ本の未来
[第伍拾六話]続・エロ本の未来
[第伍拾七話]葬儀の値段
[第伍拾八話]続・葬儀の値段
[第伍拾九話]続々・葬儀の値段
[第六拾話] 続々々・葬儀の値段
[第六拾壱話]死者の値段
[第六拾弐話]続・死者の値段

あとがき
web拍手 by FC2

  1. 2008/04/24(木) 22:46:41|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「銭」柏木センセ、ショウたん、そして響さんが再登場

銭 5巻 (5)・「銭」(伍)鈴木みそ
 エンターブレイン 2007-05-25
売り上げランキング : 338

Amazonで詳しく見る

お金とそこに群がる人間を描く、銭勘定マンガ。

先日、地元の人間に、行ったことがないながらもメイドカフェの説明を(行ってませんからね!)しようと試みて…世間との壁を感じました。
これ読んで壱から勉強しなおせって言われても、「秋葉原でしか成立しないビジネス」なんてアキバに行ったことない人に説明できません!

…飲食提供事業所と風俗営業との差っていろいろあるんですねぇ…。


このシリーズは、普通に生活していると見えてこないお金の話がウリですが、
実は「みそ視点」こそが面白いわけです。前回の声優や前々回のペット業界とか隅っこ突付きまくりです。波長の合う人は意外と少ない気もします。

でもトリビアとしてもなかなかだし、下のサブタイトルが気になる人は是非、一読を。
☆☆☆☆-

表紙にあるような「エロ」の話は始まったばかり。ま、銭勘定マンガですし、DVな彼氏とか登場して、「エロ」といっても一般の方のご期待に沿うかは存じ上げませんが…。

収録は10話分。
43話 続々・骨董の値段
44話 骨肉と遺産
45話 続・骨肉と遺産
46話 メイド喫茶の値段
47話 続・メイド喫茶の値段
48話 続々・メイド喫茶の値段
49話 秋葉原のビジネス
50話 続・秋葉原のビジネス
51話 エロの値段
52話 続・エロの値段
web拍手 by FC2

  1. 2007/05/26(土) 22:00:00|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月の購入コミックス・コメント(遅いって)








CGH! 2 (2)銭 四巻
RAISE(2)さんさん録 2 (2)
耳かきお蝶 2 (2)ラーメン発見伝 17 (17)
レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)女はつらいよ

土曜に体調を崩して、力の入らない週末。7月も半分を過ぎてやっとマンガの記録を。
チビチビと書いてきて、なんとなく今思うと辛めかもしれません。これいつもなら星三つじゃないのというのが二つになってるかも。さて?

「CGH!」(2)小池田マヤ,祥伝社
「うちの会社、変態ばっかじゃんーっ!!」と帯にもありますが、そろそろついていけなくなってきました。笑えるブルジョアは好きなんですが…。白キャラヒナコとその他黒いキャラとのアンバランスがどうもうまく噛み合わないというか、今後どーなる?
★★-

「銭」(4)鈴木みそ,エンターブレイン
今回の白眉は7話を使った声優編。いつから声優にアイドル並みのルックスを求められるようになったんだかは知りません。すごい人は素人に判るくらいすごかったりする、それで充分ではないのですよね。と、片足の残ってるアニメ村を想いつつ…。
★★★

「RAISE」(2)新谷かおる,少年画報社
第二次大戦末期の爆撃機乗りの話。後半では敵であるドイツ軍にジェットが登場。歴史の転換点というか、日進月歩の航空史というか…。複雑な気持ち。
ノルマンディー上陸作戦の前日、BBCはヴェルレーヌを流したんでしょうか?
★★-

「さんさん録」(2完)こうの史代,双葉社
「うんと苦手なものを描いてみよう」と「じじい」の登場する「豆知識漫画」に挑んだという著者。じじいは年下の女には「甘えん坊」や「無知」を求め、嫌いな者にも好きな者にも悪口しか言わない。でもそこから変化していったとこは「傑作なのでは!」
★★★

「耳かきお蝶」(2)湯浅ヒトシ,双葉社
花火師、火消しも登場し脇が豊かになって江戸の風情もたっぷりと。こーゆーのを連載で続けられるのはすごいことではなかろうか。夏目房之介も「もっと読みたい」と思わせるマンガと書いている。「でも、マンガ好きが言上げしないだろうな」とも、ね。
★★★

「ラーメン発見伝」(17)久部緑郎/河合単,小学館
今回、メインは沖縄ラーメン。沖縄そばは以前に食べたことがありますが、どうも観光客向けな印象が…。これ読むと、沖縄で行って食べたくなりますね。あと「ラーメン・マニア大暴走!!」。最近多い、謝罪会見で頭を下げた回数とか報道するマスコミ批判?!
★★-

「レナード現象には理由がある」川原泉,白泉社
久々の川原さんです。今映画「笑う大天使(ミカエル)」が公開中。前作「ブレーメンII」が、第44回日本SF大会“星雲賞”受賞!そんななか、変わらぬ面白さで「ブレーメン」よりは好きかな。学園モノだからでしょうか。
★★-


「女はつらいよ」業田良家,小学館
娘のため、老父母のため、理想のダンナ様探しの旅に出た女の物語。温泉コンパニオンとして渡り歩くのが当初の予定だったのでしょうが、だんだんとずれてからが面白い。一時期の怖いような面白さではありませんが、昼の連ドラあたりでどうでしょう?
★★-
web拍手 by FC2

  1. 2006/07/17(月) 04:51:41|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コミックス一息コメント

「R.O.D.―READ OR DIE」(1)倉田英之/山田秋太郎,集英社
ビブリオマニアたちの世界で女の子版007を狙ったアクションもの?「英国のやり方は礼儀と正義」ってエジプトからさんざん盗品をかき集めてきた英国が言ってもねぇ。図書館と博物館は違うといえばそれまでですが。巨大なセロテープ台とかどうも絵と話のトーンがチグハグ。焔に勝る紙のパワーだけでもきちんと描けていればよかったんだけどね…。★--

「ナッちゃん」(16)たなかじゅん,集英社
町工場のヒロインマンガ。毎回アイデアを搾り出すのは大変だと思うけど、今回いまいちアイデアが…。★★-

「はなしっぱなし」(上)五十嵐大介,河出書房新社
投げっ放しな感じのファンタジー掌編集。不思議を掘り出してあまり加工せずにお届けしました、という産直風味が好きな人は好きなんだろうけど…。★★-

「週刊石川雅之」石川雅之,講談社
キラージョーの昔語り、領主様主催の大タコ大会などなどバラエティに富んだ短編集。面白いけどコレとは絞れず。★★-

「濃爆おたく先生」(2)徳光康之,講談社
「生命はおたくへと何故進化したのか ワンダーな妄想を語るためだ」と語るガンプラとサクラ大戦おたくの主人公。エネルギッシュな妄想はなかなか心地良いが、読者を限定する狭い世界の与太話ですか…。★★★

「オールナイトライブ」(5)鈴木みそ,エンターブレイン
「ゲーム専門学校から見た風景」は哀しいです。考える力、生きる力が足りないと言われると…怖すぎ。日清食品、水中出産など守備範囲が広いからか当たり外れも大きいようですが、少しづつ読んでいくつもり。★★★







40887608244088595262
406328867640634909204757704542

web拍手 by FC2

  1. 2005/09/07(水) 17:47:28|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。