* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近、読んだ本

満月のわらい「満月のわらい」立川志の輔,ぴあ
あまりよく見ないで借りたら、狂言とのコラボレーション「満月の會」(2004年)の記録…というより副読本でした。まだ狂言は遠いよなぁ、とざっと読み倒し。「空間探し」のあたりは普通に面白かったんですが。



ゲド戦記 3 さいはての島へ「ゲド戦記 3 さいはての島へ」アーシュラ・K. ル・グウィン/清水真砂子,岩波書店
実は未読でした。っていうか、ハイファンタジー苦手なんだってば。映画原作のとこだけ読もうかなと思ってたら、4巻部分も入るとのことでちょっと肩すかし。で、4巻を読んでるところ。なんかね。世界がおかしくなってるという舞台背景に共感できる現在ですが、現実はお話のように解決されないという欲求不満を、映画はどうにかしてくれるのか?見る予定もないけど。



あのころの未来―星新一の預言「あのころの未来―星新一の預言」最相葉月,新潮社
あのころの未来、てのは今。預言というより、自分のエッセイに星新一でハクをつけた感じ。星さんならカバーできないとこなんかなさそうだから、これは卑怯では?!装画・挿画のフジモトマサルはよかったが…。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2006/08/13(日) 23:54:07|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

立川志の輔オマケ付き独演会

話の後始末話の後始末
立川 志の輔・天野 祐吉

マドラ出版 2001-12
売り上げランキング : 253,676
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「だくだく」「粗忽長屋」「バールのようなもの」「文七元結」「井戸の茶碗」の採録の後、志の輔、天野対談がそれぞれにちなむ形で行われるという…。

面白いです。この二人が登場して面白くならないわけがない。
でも、ライブなんですよね、それが勿体ない。落語は読むものじゃないですから。
ま、何度か見聞きした人なら多少マシなんですがね。

だから、落語を聴いたことのない人には勧めません。
そこだけは欠点でしょうか。
パルコ公演のチケットが取れなかった人にも
★★★★-

ところで「文七元結」というとCD「立川談春“20年目の収穫祭”」に収録されています。弱いところを突かれました。泣けました。
立川流、この人を忘れちゃいけません。 web拍手 by FC2

  1. 2006/01/12(木) 22:18:06|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キューバも楽しそうだよなぁ

志の輔旅まくら
立川 志の輔

新潮社 2003-04
売り上げランキング : 112,921
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


落語のまくらに旅報告というのをしてるという志の輔さん。
その部分を抜き出して収録したのが本書。

単純に旅行の土産話として面白いです。落語を聞いたことのない人でも楽しめるはず。

インドのタクシーはすごいねぇ。志の輔さんとマネージャーさんが後ろに乗り込んだのだけど、エンジンがかからない。運転手は振り返って「ノープロブレム、ノープロブレム」ってエンジンがかからないのは問題じゃないのか!で、10分くらいでようやくエンジンがかかる。キーを回して何十回目かでやっとエンジンがかかったくせに、得意そうに後ろを振り返って「ラッキー」。大笑いです。

ガッテンしていただけましたか?

キューバからメキシコ(春風亭昇太さんと一緒)まで、間に日本各地なども混ぜつつ
★★★★★
web拍手 by FC2

  1. 2005/02/18(金) 23:51:33|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。