FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

「憎まれ役」野にあって 蒟蒻の実 稀ならん

憎まれ役・「憎まれ役」野中広務野村克也
 文藝春秋 2007-10
売り上げランキング : 1746

Amazonで詳しく見る

なにかと憎まれ役の回ってくるお二人の語り合い。それぞれ自分の分野のことで交互に語っていくのですが、これが蒟蒻問答といっては失礼だが、妙に噛み合います。

理由として「二人が似ているから」ということが考えられます。二人とも這い上がった男。趣味と仕事が一致した同士。共に血液型はB型。酒を飲まず、甘党。カッとしやすいなどなど。タイトル通りの「憎まれ役」はともかく、双方に圧倒的な人気の敵役がいることは納得されるでしょう。

しかし、それだけではありません。
プロ野球12球団には各70人の支配下選手がいる。つまり全部で840人。国会議員は衆参合わせて八百人弱。そして県会議員、市議会議員がいるように社会人、大学高校野球、リトルリーグという裾野がある。そんな指摘も本文中でされています。
別の本ですが、かつて日本人は戦後社会の在り方を野球に学んだとも書かれていました。ルールの前での平等、共同作業、役割分担、などなど。(それぞれが以前からあったのか検証はしていませんけど)もっとも今の球界には見習わないほうがいい点も少なくないとの指摘もあります。

政治家は歴史から判断されるべきでマスコミに判断されるべきではないという野中さんの言葉が日本で結実するとよいと思いつつ、自民党は結局、巨人軍ではないのか?とも思います。今の日本を作ってきたと言える少し前の自民党代議士がの中で(理想は各々あったとしても)、渡邉前オーナーは一体誰だったのでしょう?

二人の提言には実を結んでほしいことが多々。
☆☆☆☆-

目次は続きで。
ちなみにタイトルにある通り、蒟蒻の花というのも珍しいのですが、それより更に実は珍しいようです。この本も簡単には実を結ばないかもしれませんが…。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2007/10/23(火) 20:27:05|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓