* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『新版 悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環』文庫化でなお色褪せず

新版 悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環 (文春文庫)新版 悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環 (文春文庫)
内橋克人

文藝春秋 2009-03-10
売り上げランキング : 6018
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現在の世界同時不況はなぜ起こったのか?私たちが安定した社会を失いつつあるのはなぜか?
「格差社会」が生まれた背景を世界史的な観点から捉えなおす好著。

時代に即した本でありながら、文庫化で色褪せない部分は多々あるのですがその中の一つ。
単行本刊行時の2006年に「下へと吐き出されていった若者が、逆転をねらって戦場に志願する日がやがて日本でもくるのでしょうか」(第七章)と書いた矢先の「「丸山眞男」をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。」(「論座」2007年1月号)など話題になった発言でもあり記憶にも新しいかと。

過去のものとして無視できるのならかえって幸せなのかもしれませんが、当分はここに書かれた現実と向き合っていかなくてはなりそうです。その点で哀しいながら必読と言えますか…。

循環とは書かれていますが、今、未来についての判断を誤ると、次の循環はなさそうです。
☆☆☆☆☆

【目次】
文庫版によせて
プロローグ
第一章 未来は見通せていた
第二章 なぜ、私たちはルール変更を受けいれたのか
第三章 市場原理主義の起源
第四章 悪夢のサイクル
第五章 日本のシカゴ・ボーイズ
第六章 バブル再考
第七章 戦争との親和性
第八章 人間が市場を
文庫版あとがき
主要参考文献
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2009/06/30(火) 23:29:10|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。