FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

「日と米―日本史原論」愛憎混ぜ込む対米基礎知識

日と米―日本史原論・「日(ひ)と米(こめ)―日本史原論」爆笑問題
 幻冬舎 2007-09
売り上げランキング : 41014

Amazonで詳しく見る

アメリカ好きの太田にある許せないアメリカという部分。
「片思い」とは言い得て妙。

結論の出る話題ではないし、そもそも問題設定は各自がするもので、本書はその前提として知るべき史実の提供でしかない。
ならば何のために読むのか?というと今の段階では基礎教養というしかない。
知っているところは流して、知らない部分を読むと発見もあるのでは?
もちろん漫才として笑える部分が多々あるので、堅苦しく考えなくても大丈夫。

個人的には「日米安保」のブックガイドにある指摘が興味深い。これは、冷戦から対テロ戦と状況が変わって、国家の仮想敵は国民となるなか、日米の軍事同盟強化はいかがなものか?というもの。そういや9.11の時、沖縄の米軍基地前では自衛隊が基地を背に立ったと聞いたっけ。あれが対テロ戦という時代の象徴だったんだ。

アメリカを知ることが日本を知ることになる…という常套句で締めます。
☆☆☆☆-

目次
プロローグ
その1 ペリー来航 1853
その2 ジョン万次郎 1827~1898
その3 咸臨丸 1860
その4 日米野球 1931,1934
その5 人種間戦争 1941~1945
その6 GHQ占領 1945~1952
その7 日米安保条約 1952
その8 ベトナム戦争 1960~1975
その9 沖縄返還 1972
その10 日米地位協定 1960
その11 東京ディズニーランド 1983
その12 バブル経済 1986~1991
あとがき

各章末に「日米関係ブックガイド」があります。
そこの担当はフリーライター・田中聡
この本の一部を担う文章であり、最後まで残る本書の骨かもしれない。
とりあえず紹介されている本だけを以下に(多量です)。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2007/11/22(木) 19:36:51|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0