* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『BOLTS AND NUTS Vol.17』甘ち~と呼ばせてもらうぜぃ

BOLTS AND NUTS Vol.17―愛と勇気のエンスー大河ロマン (NEKO MOOK 1277)BOLTS AND NUTS Vol.17―愛と勇気のエンスー大河ロマン (NEKO MOOK 1277)
田中むねよし

ネコ・パブリッシング 2009-03
売り上げランキング : 16097
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Vol.15と16の感想をすっ飛ばしてしまいました。気がつけば17巻です。
そしてこの巻の表紙には…アルファロメオ~?

しかぁし!この巻のマンガ最終頁でいきなり5年後衝撃の発言が

「でも……おまえ それでエラン手放したんだろ?」

そうなのです。あとがきにもあるとおり、原因はTFCC障害と引っ越しによる金銭問題らしいのですが、この頁はないですよ。

この作品は事実と違うとかの指摘をネットで受けていたことはありますが、事実を基にしたフィクションとして愉しんでいた人間には、事実かどうかは大した問題ではないんです。
ただエラン購入から始まった作品だけに、エランを手放したというのは一大事。その大事をノブローあたりから聞くならまだしも、初登場のキャラから聞きたくありません!
納得して描けないなら、作劇上、時間を停めて一旦過去に行くのだってアリでしょう。

クルマ趣味の面白さもさることながら、ここ数巻は家庭とオタク趣味の両立という点でも興味深く、この巻でもマモンの6輪生活(後述)などが描かれたり、と展開を見守っていたのになぁ…。
まさか、まさかです。


ツッパってられない作者にあえて言います、甘ち~と。(ちょっと『とらドラ!』入ってます)
☆☆☆--

CONTENTS
第161話 『脅威! 現実ビーム』
第162話 『バルコニーと妄想とわんこミラー』
第163話 『事情色々至上の試乗』
第164話 『不定愁訴条件付き勝訴オークション勝利(早口ことば)』
第165話 『あらかじめ失われた我が恋心』
第166話 『車庫入れ下手は女子ウケ悪い』
第167話 『セルフスタンドに行く前には必ず練習しときましょう』
第168話 『おまえには似合わん』
第169話 『やっぱり少しはいじってみたい、それが人情案の定』
第170話 『道は誰に訊く?』

ちなみに6輪生活とは?

4輪車趣味を少し家族向けにシフトした分オートバイや自転車といったオトーサンの個人的乗り物に贅を尽くすという考えな!

本文99頁

マモンは家族のためにロードスターを手放してレガシィに乗り替え、6輪生活ということでドゥカティを手に入れたようです。
くぅ~、金持ちぃ!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2009/06/26(金) 01:26:14|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「BOLTS AND NUTS !」(14)マネーの虎、参上!

BOLTS AND NUTS Vol.14―愛と勇気のエンスー大河ロマン (14) (NEKO MOOK 1079)・「BOLTS AND NUTS ! 愛と勇気のエンスー大河ロマン」(14)田中むねよし
 NEKO MOOK 1079(ネコ・パブリッシング)2007-12
売り上げランキング : 4073
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

さてVol.14のサブタイトルは『10万円の宝石さ』。
10万円で、まさかこの中央のクルマを?
…と見せかけて下に見えてるピザバイクとか…?

なにより 前巻の引きはビート売却問題じゃなかったっけ?
詳細は、ご自分でご確認ください

「普通になった」というアマゾン評もありました。確かに手書きの書き込み文字は以前より減りましたね。目次のところにある注意のように、虫眼鏡を使うほどではないかもしれません。
それよりこの作者のウリはオタクネタが混ざるところだったはず。いかにもクルマ雑誌に載るような内容…をはみだしたところの面白さを楽しみにしていたさほどクルマ好きでもないファンにしてみれば、もっと雑情報を入れてほしいものです。

マネーの虎は確かに登場します。ネーミングセンスはフェラーリの女豹と通じるか。
☆☆☆--
作中では「四十路が視界に入ってきた」とあります。サイト開設のあたりですよね。
番外編でサイトの盛衰記も読みたいと願うのは、傷口に塩を塗り込む行為でしょうか。

第131話 ゼイタク言う
第131話 コマゴマしたこと噴出
第131話 さらにネットオークションする
第131話 アシとガレージ
第131話 振幅
第131話 10万円の宝石さ
第131話 納車される
第131話 想い出すりあわせスリップストリーミング
第131話 ソッコー側溝
第131話 小補修

今回の扉絵の特徴は、ペンタブ導入なのか、ペン画とはまた違う感じにして色を乗せてます。鉛筆書きかもしれませんが…。
こーゆータッチも好きなのですが、いかんせんモノクロでは色がわからん。
ツライのぉ。
web拍手 by FC2

  1. 2008/02/05(火) 12:34:00|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「BOLTS AND NUTS!」 いい調子で北海道編!

BOLTS AND NUTS Vol.13―愛と勇気のエンスー大河ロマン (13)・「BOLTS AND NUTS!」(13)田中むねよし
 ネコ・パブリッシング 2006-10
売り上げランキング : 25489
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

「愛と勇気のエンスー大河ロマン」も、13巻目。

今回、トラブル少なめの北海道編。
たまには、こんな時間もないとね。

新刊で買うつもりはあるのですが、昨年発売が頃になってしまいました。
どうも新刊情報に引っかかってこないんですよね。
ムックという特殊さは、価格面では優しいのですが…。

次回、ビートが…どうなる?
☆☆☆☆-

今回、124話から129話の表紙がエッチぃのは何故?
奥さんサービスから始まった北海道計画。
だからその間は読者にもサービスということなんでしょうか。

サブタイトルは下に。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2007/06/01(金) 22:00:00|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「赤羽がんこモータース」北区赤羽…ではなくて

赤羽がんこモータース(1)・「赤羽がんこモータース」(1)田中むねよし
 小学館 2007-02-28
売り上げランキング : 31876

Amazonで詳しく見る

がんこオヤジの修理屋「赤羽モータース」。娘のリカ(看護士)やご隠居(実は某グループ会長)と今日もクルマで大騒ぎ。

「瀕死のフィアット」
赤羽モータース。まずはフィアット500でご挨拶。

「正しい資質」
21世紀にランチア・ストラトスを復活。そんな計画が動いてたんですね。

「ロータリーな男」
一転して往年の名車サバンナ登場。レース復活なるか?

「車検と責任」
半日車検はお得なのか?リカの同僚、マスミ登場。

「永遠の命」
「人から殺され続けたクルマ」とは父親が乗っていたディーノだった…。

「クルマは文化!?」
ご隠居のコレクション。かなりすごい。そこに目をつけた男がいた。

「直せないクルマ。」
ミゼットの特殊なベアリングとは?当時、いろいろあったんでしょうが。

田中むねよしの…想い出のクルマ、憧れのクルマ」
著者のオマケページ。
外車や日本車、旧車と最新型。あれこれ偏らず、好きなんですねぇ。

クルマ好きなら更にいろいろ話が広がりそうなところ。
ま、可愛い、カッコイイだけでも楽しめると思います。
☆☆☆☆-
web拍手 by FC2

  1. 2007/03/30(金) 22:57:20|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

5月の購入コミックス・コメント




諸葛孔明時の地平線 12 (プチフラワーコミックス)ジャジャ 7 (7)
もやしもん 3 (3) 特装版エマ7巻

BOLTS AND NUTS Vol.12―愛と勇気のエンスー大河ロマン (NEKO MOOK 930)

「諸葛孔明時の地平線」(12)諏訪緑,小学館
実は四月発売でした。で、今回は関羽の殺害まで。う~ん三国志を読んでいないので、どこらまで話が進んでいるのか分からない。数少ない知識「泣いて馬謖を切る」までは行っていないけど。表紙はエダマメみたいですが…エンドウだそうです。
★★-

「ジャジャ」(7)えのあきら,小学館
ラベルダ、ランブレッタが登場。そゆの解る人にはそれだけで充分?メイン・エピソードはスクーターの50m走。さて、結果は?!などなど、相変わらずの二人です。余程のきっかけでもなきゃ告白とかもないか~。ま、ゴールは見ずに、走り続けてほしいものです。
★★★

「もやしもん」(3) 特装版石川雅之,講談社
あまりこだわりはないのですが、特装版の方を買ってみました。違いは Amazon レビューにいろいろと。さっき本を下から見て、自力で菌を見つけたのですが、それもすでに書かれてました。それも2巻からでした…。甘かった~。今回、長谷川さんの家族が登場。
★★★

「エマ」(7完)森薫,エンターブレイン
アメリカへ行ってもう一波乱…というかもう見つからないかとも思いましたが、まあ潮時かもね~。親はともかく友人が見捨てないというのは、明るい見通しでいいですねぇ…。ところでジョーンズ坊ちゃん、ラストシーンの立ち位置はあれで大丈夫?
★★★

「BOLTS AND NUTS! Vol.12―愛と勇気のエンスー大河ロマン」田中むねよし,ネコ・パブリッシング
前巻終わりからのイヤ~な感じが的中の塗装剥離。そんななかサブタイトルにあるような、奥さま・智子さんの決断が光る!お友達の協力も盛り上がる展開ですが、今回は智子さんに栄冠を。さて、次巻いよいよ北海道か?今回も「引き」はタップリですが…。
★★★
web拍手 by FC2

  1. 2006/06/04(日) 23:15:07|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。