* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「群像」12月号あれこれ

群像 2006年 12月号 [雑誌]・群像 2006年 12月号 [雑誌]
 講談社 2006-11-07
売り上げランキング : 416689

Amazonで詳しく見る

■「滝山コミューン一九七四」(2)原武史 が掲載。前回記事はこちら
筆者が六年生に。当時の筆者が抱いた最大の違和感「なぜ子供が背伸びして大人のまねをしなければならないのか」。そして臨時で授業に来たK先生の社会科。この内容については教職課程を修めていないので是非はわかりませんが、子供目線での悔しさはよくわかるし、個人的に大きな出来事とうかがえます。
次回、七月がクライマックスのようです。

■「建てて、いい?」中島たい子 収録。
長田真理、35歳独身。居場所探しが行き着いて家を建てることに…?!

作者の立ち位置として、30代女性独身というのはわかるんですが、一人用一軒家というとマンガ「やっちまったよ一戸建て!!」(伊藤理佐)がありますしねぇ…(次回参照)。それも伊藤さんの方は、オシャレな部分だけじゃなく、資金繰りとかまで突っ込んでます(家を建てる参考にはならないかもしれませんが)。中島さんは視点を変えて動機とか日常生活のいろいろを書いていますが、浅い感じは否めません。

ちなみに、ここに登場する「トラス・ウォール・ハウス」は町田市大蔵町、駅で言えば小田急線鶴川に実在します(牛田英作+キャサリン・フィンドレイ)。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2007/04/09(月) 20:59:32|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「漢方小説」精神安定剤もユザワヤもダメなあなたに

漢方小説・「漢方小説」中島たい子
 集英社 2004-12
売り上げランキング : 104374
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

原因不明の体調不良に悩む主人公、みのり。西洋医学では心療内科にまわされそうで、東洋医学の門を叩く。

南伸坊の表紙と漢方という言葉に惹かれて手に取った一冊。
今のところ、葛根湯くらいしかお世話になったことがありません。
木火土金水がまあ解る程度です。

主人公と同じように体調不良を経験した人には、漢方入門として手に取ってもらえれば、と思います。意外に多いんじゃないでしょうか。
西洋医学では『この病気には、この薬』ですが、東洋医学では『病気にかかっているあなたはこういう人だから、この薬』という治療をします。
さて、あなたはどういう人でしょう?

小説としては「私のテーマ」あたりから盛り上がるかと思ったのですが、
地味な結末で少し残念。
漢方風?
☆☆☆--

次回作はPMSだそうです。
ちょっと気になります。
web拍手 by FC2

  1. 2007/02/22(木) 20:00:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。