* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「MOON LIGHT MILE」(16)第一部、完。二部は何するの?

MOON LIGHT MILE 16 (16) (ビッグコミックス)・「MOON LIGHT MILE」(16)太田垣康男
 ビッグコミックス(小学館)2008-04-26
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

2019年6月人類初のムーンチャイルドが誕生。
そして2030年…。イスラム過激派が宇宙に出る!

…って納得できますかぁ?
中国があれだけ台頭した後どうなったのか?
確かによく見るとインドやパキスタンらしい顔ぶれは、前巻の反米同盟には入っていないようですが…。
現実の印パ問題を見据えた設定はわかるけど、未来のその先の話に突入して何を描くのかは次巻に期待なんでしょうか。

いい加減、不安感を煽られても熱くなれない(政治が描きたきゃ地上でやってくれ)。
☆☆☆--

CONTENTS
MISSION 135;TURN ABOUT 逆転
MISSION 136;WHAT SHOULD BE PROTECTED 守るべきもの
MISSION 137;MERCURY SPACECRAFT CAPSULE PENDANT マーキュリーのペンダント
MISSION 138;ASSASSIN'S DAGER 凶刃
MISSION 139;LIFE BORN ON THE MOON 月の生命(いのち)
MISSION 140;MUJAHIDEEN 聖戦士
MISSION 141;VACATION IN PARIS パリの休日
MISSION 142;HIJACKING ハイジャック
MISSION 143;WAYS TO GO FORWARD 進むべき道

バタフライ効果など思いつつ、でも杜撰な印象もあって…。
以下、多少のネタバレを含むヨタ話。
・・・more・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2008/06/04(水) 09:59:36|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「MOON LIGHT MILE」中国が宇宙に出るためには、どれだけの人民の犠牲が…

MOON LIGHT MILE 15 (15)・「MOON LIGHT MILE」(15)太田垣康男
 ビッグコミックス(小学館)2007-08-30
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

宇宙では南極のように条約を結べないのか。
南極での平和的利用(軍事基地の建設、軍事演習の実施等の禁止)を謳った1959年より理性を減らしてしまったのか。

今回、中国が反米同盟を立ち上げて月の領土を奪いに来ます。
ただし反米同盟といっても、実質は中国主体。
強力な敵を想定することと、現実の反中感情を取り込んで盛り上げようというのが品のないことで…。

前巻でも思ったのですが、恣意的な設定が気になります。
中国の対イスラム政策はアメリカよりずっと根深いとか、
未来を語る場合、インドはどうなっているのかとか、
確かに現実のISSはアメリカ、ロシア、日本、カナダ、ESAと白人主導ではありますが、その他の国をかき集められるほどの政治力が中国にあるのか、と。
60基での突入なら1割くらいコケるのが中国の人海戦術なんじゃないの?
などと思いますよ。

ハインラインの「月を売った男」は古き良き時代の夢か、と嘆きつつ。
☆☆☆--

次回、わかいやすい展開だと弔い合戦で吾郎が対中戦争に巻き込まれます?
web拍手 by FC2

  1. 2007/09/11(火) 23:24:10|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

「MOON LIGHT MILE」割り切れる?割り切れない?

MOON LIGHT MILE 14 (14)・「MOON LIGHT MILE」(14)太田垣康男
 小学館 2007-02-28
売り上げランキング : 899
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

アメリカ宇宙軍の撤退とスペースガードへの発足。
そして理代子の出産。

吾郎がスペースガードにスカウトされ、早々にレスキューの仕事が…。
それには中国軍の進出が関係していて、今後の敵は中国…なんでしょうね。

ただ、前巻まではアメリカも水面下での嫌がらせをしていたわけで、敵の敵は友というわけでもないのでしょうが、割り切れない政治的展開はストレスのたまるところです。

吾郎の活躍を割り切って楽しめばいいのでしょうが…。

…アニメ化だそうです。
戦争への嫌悪と宇宙への憧憬が混ざって
なんか肌が合わなくて複雑な気持ち。
☆☆☆--

Amazonでの評価は高いんですよねぇ。

でも、宇宙であれアメリカ軍が中国軍に攻撃を受ければ、地球上で米中が戦争状態になるはずで、今回は戦力差で見送った攻撃も物量にモノを言わせて報復に出るはず。国際世論もアメリカにつくだろうし、大国といえど一国、分は悪い。それを承知で攻撃してくるのもバカだが、それでバランスが取れるほどの超大国というのも嘘臭い。
見えない設定がずさん。アクションものならもっと構図を単純にしないと…。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2007/03/20(火) 23:02:25|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月の購入コミックス・コメント


蒼のサンクトゥス 4 (4)MOON LIGHT MILE 13 (13)

今回、こんだけ?で、また★2つなの?暑さで感覚鈍ってんじゃないの?などというツッコミも聞こえてくる、夜のしじまの何と饒舌なことでしょうか…。光と影の境に消えていったはるかな地平線もまぶたに浮かんでまいります…って、

浮かびませんから!

ま、年末商戦前の閑散期っちゃ閑散期。去年だって新刊は少ないようだし。

あと★3つのは単独で記事にしようと取ってあるという裏事情もあるんです。


・「蒼のサンクトゥス」(4)やまむらはじめ,集英社
長編ってのは構成が難しいもんです。中篇なら隆と水無都のエピソードはもっと縮小するんじゃないですかね。次はいよいよA-NESTへ潜るのか!
★★-

・「MOON LIGHT MILE」(13)太田垣康男,小学館
テロリストの襲撃を受けて、H-IIAは無事なのか?吾郎は宇宙へ上がれるのか?
この先は長いのか?何が終了条件になるんだ?疑問ばっかり。
★★-

・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2006/09/11(月) 01:47:33|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

4月の購入コミックス・コメント








百鬼夜行抄 (14)誰も寝てはならぬ 5 (5)
サトラレneo 1 (1)機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (1)
東京クレーターのアカリ (2)聖戦記エルナサーガ2 7巻 (7)
MOONLIGHT MILE (12)新吼えろペン 4 (4)

昨年も5月は低調でした。連休がないのは相変わらずで…。
でもマンガはまずまず読んでいて、そろそろ片付けないといけないんですが。

「百鬼夜行抄」(14)今市子,朝日ソノラマ
果たして三郎はよみがえるのか?晶はまだ頑張ってます。そして久々の若き伶さんの話では八重子さんに微妙な変化が…(新キャラ登場)。そして現在の飯嶋家の床下にも新しいのが…。尾白、尾黒の誕生物語も加えて、妖しおかしい飯嶋さんちストーリー。
★★-


「誰も寝てはならぬ」(5)サライネス,講談社
みなしごゴロちゃん。マキオちゃん、筋金入りの暗さ。そして100回記念興行。他いろいろ詰め合わせての全21話。今回、いつもより都心ライフな感じなのは大塩さんが出ないせいか?!オカちゃんも、付かず離れずで活躍中!ビミョーやね。
★★★


「サトラレneo」(1)佐藤マコト,講談社
西山の娘、光を主人公にした新シリーズ、スタート!光は18歳。そして融合炉が実用化へ…。懐かしい面々もまだまだ現役。それにしても、なんか、テンポが速くなってきてませんか?いや、いい感じです。
★★★


「機動戦士Zガンダムデイアフタートゥモロー -カイ・シデンのレポートより-」(1)ことぶきつかさ,角川書店
ジャーナリスト・カイが主人公。ハードボイルドな0話、Zをなぞる1~8話。なんか、Zってきちんと観てないんですけど、意外に見所が多いかも?!なんて思います。古川登志夫との対談も収録!「行け!行け!ぼくらのVガンダム」から好きでした!
★★★


「東京クレーターのアカリ」(2)磯本つよし,少年画報社
エアバイク乗りの新キャラも登場し、前巻より見せ場充実。田無や小河内ダムも登場。同じ世界でのアナザー・ストーリー「スカイパーキング」も収録。この主人公の名前、探して、とありますが判りません!沖?
★★★


「聖戦記エルナサーガII」(7完)堤抄子,スクウェアエニックス
神とは?魔法とは?一応の完結ですが、複雑なんだか、描写が足りないんだか、多分、私のオツムが悪いせいでしょうが、もう一人のエルナとかもっと活躍できたんじゃないかなぁ、とかね。
★★-


「MOONLIGHT MILE」(12)太田垣康男,小学館
日本の技術で月を目指す吾郎とアメリカ主導にしたいロストマンとの対立は、理代子の一応の妥協案に落ち着く。しかし打ち上げ計画を進める種子島にはテロリストが!
「アメリカが打ち上げを守ってやる義務はない」なら、テロもアメリカ主導では?
★★-


「新吼えろペン」(3)島本和彦,小学館
ヒーローのことは少し置いといて、でかい話が来たり、温泉へ行ったり、著作権フリーマンガなんてのが登場したり、炎プロはいつも通りの熱さです。無駄に暑い?!いや味ですって…。君は集中線を出したことがあるか?なんてね。
★★-
web拍手 by FC2

  1. 2006/05/08(月) 22:13:27|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

11月購入コミックス 一息コメント

「ヴィンランド・サガ」(2)幸村 誠,講談社
トルフィンの子供時代はまだ続いてます。父親を殺されて、今後どう生きていくのか?まだまだ序盤ですが、読ませます。★★★

「誰も寝てはならぬ」(4)サラ イネス,講談社
いーつも通りの展開といえばそれまでですが、個人的な好みにヤーマダ君の恋を加点して…。★★★

「諸葛孔明時の地平線」(11)諏訪 緑,小学館
仲達(ちゅうたつ)大活躍の11巻。王道を往く孔明・劉備と覇道を邁進する曹操という二本柱で来たのが、どちらにも寄らない仲達の出現は大きいか?!★★★

「聖戦記エルナサーガ2」(6)堤 抄子,スクウェア・エニックス
闇の姫御子をクローニングするとは!二人目のエルナが登場しますます充実。「アダ」が不完全燃焼気味だっただけに期待大。★★★

「コミックマスターJ」(13完)田畑 由秋/余湖 裕輝,少年画報社
法外な金銭を代価とするスーパーアシスタント、つまりマンガ界のブラックジャックとして始まった「J」もいよいよ完結。CLUBとは?漫画の未来は?今まで広げてきた大風呂敷の結末がここに!★★★

「MOON LIGHT MILE」(11)太田垣 康男,小学館
今回、少し辛い点かもしれません。でもドーベルマンの見せ方とか、そもそも人が鉛入りの靴を履いているのに犬は素足ってどうよ。ファトマの栄転はともかく澤村の反応もなぁ。次回、主人公・吾郎の復活を待つ。★★-

・今月分は全体に甘いかも…。
厳選してるという自負はあるが、ちょっとしたマンガ禁断症状のキックバックか。
(う~ん、ジャンキー…)







40636358054063375862
4091723012
4091800262
web拍手 by FC2

  1. 2005/12/04(日) 03:53:39|
  2. comics|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。