* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『通天閣』大阪なのに笑えない

通天閣通天閣
西加奈子

筑摩書房 2006-11
売り上げランキング : 254742
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

通天閣の見える新世界あたりがどんなところかというのはよく知らないのですが、「むらかみ散歩」(後述)を見るとなかなかすごいところらしいです。

そんなところを舞台に、中年男と若い女の話が交互に展開します。

日々をこなすという感覚の中年男に共感…できそうでできない。
自分が一人暮らしをしていたら、こんな風だったかもとは想像できますが。

それなりに幸せなんだろうなぁ、自分。

なので特に星は付けませんが、第24回織田作之助賞を受賞とだけ書いておきます。
今回、役立たずですな。


「むらかみ散歩」については以下。
・・・more・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2010/07/03(土) 01:00:13|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『星守る犬』マニュアルではなく寓話として

星守る犬星守る犬
村上たかし

双葉社 2009-07
売り上げランキング : 538
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「お父さん」と白い犬のハッピーは、自動車で旅に出た。南へ―――。それは残されたわずかな“生”を生き抜く旅であった――。(帯より)
もう一編、別の人物を主人公にした「日輪草ひまわりそう」も収録。

星守る犬とは冒頭で「犬が星を物欲しげに見続けている姿から、手に入らないものを求める人のことを表す」とあります。


Amazonでの評に「リアリティがない」というものがありました。
何故簡単に状況に流されてしまうのか、と。

それでも生きてるど根性路線は前作「ぎんなん」(→過去記事参照)の雰囲気ですから、避けたんでしょうかね。


作者があとがきで、ほんの少し、家族や社会の変化に対応することを面倒くさがったり、自分を変えることが苦手だったり・・・というだけで「普通の生活」を失う理由になってしまったと嘆いています。
がんばって生きるためのマニュアルというより、そんな嘆きの寓話なんでしょうね。
基本「泣かせ」という、受けるかもしれないけれど、あまり好きじゃない話です。

しかし、最近、犬を亡くした身には読んでいてつらく、想うこともアレコレ…。
☆☆☆☆-

完結したものですが7月21日発売の漫画アクションで続編が掲載されました。
ハッピーの兄弟が主人公。

人に添わなくては生きられない犬の哀しさと困ったときは動物病院という知識の一編でした。
こちらは、生きるためにがんばります。 web拍手 by FC2

  1. 2009/07/22(水) 00:32:53|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「ぎんなん」何故、ぎんなんなのかは謎…

ぎんなん 1 (1) (アクションコミックス)・「ぎんなん」(1)村上たかし
 アクションコミックス(双葉社) 2007-08-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

大阪の下町を舞台に、かなり天然な小学生のとーるちゃんと、しっかり者の母ちゃん、なぜか近所で拾った野良ハイエナ!のブチなどが泣き笑いを繰り広げるハートフルストーリー。

どっちかというと人情路線なのですが、
とーるちゃん担任の山本先生が出てから、笑えます。
(まあ下ネタなんですが…)

量産はしない作家ですが、手堅く楽しめます。
☆☆☆☆-



web拍手 by FC2

  1. 2007/09/09(日) 21:48:45|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。