* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『ちゃんと描いてますからっ! 』(1)原点回帰の面白さ!

ちゃんと描いてますからっ! 1(リュウコミックス)ちゃんと描いてますからっ! 1(リュウコミックス)
星里もちる

徳間書店 2011-04-13
ベストセラー商品ランキング : 458位
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

正直、最近は若い男を主人公にして、影を落とす展開になりがちだった作者。

「りびんぐゲーム」あたりは、そんなことなかったと思いますが…。

さて、今回は描かないマンガ家の話です。

「浦沢直樹」が「明石家さんま」ならこのマンガ家、平原大地は「ビビる大木」だそうです。しかし、最近はネームまであげたら逃亡する日々。

なぜ、マンガが載るのか?

それはアシスタントと娘たちががんばっているから。

そう、今回の主人公は中学生の娘、歩未。久しぶりに少女が主人公なのだっ!

あんまり、そこを強調するのもどうか?とは思いますが、やはり今回感じた面白さを表わすポイントは「少女」としか思えません。
デビュー作「危険がウォーキング」の主人公も中学生。2作目「かくてる・ポニーテール」は中学生か高校生かな。4作目「わずかいっちょまえ」では小6から中学にかけて。
とにかく、それ以来と言っていいと思います。

まんだ林檎さんが「コトリエ」でショタについて語っていました。
たしか「実在の少年に対してではない」とか「自分にないものを求めて」とか。
記憶で意訳するなら、「俗」の自分に対する「聖」なる存在としての少年という感じでしょうか。
このマンガでの少女も同じかと思います。
主人公は聖少女という雰囲気ではありませんが、ここ数作の陰のある男性主人公の対となる明るい存在になっています。

商品ランキングも上々。先生、期待してます!
☆☆☆☆-

収録は7話。

平原大地作品と星里もちる作品との関係は続きで。
・・・more・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2011/05/13(金) 06:47:02|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『光速シスター』(2)もう少し関係をスッキリさせませんか?

光速シスター 2 宇宙にたったひとり… (ビッグコミックス)光速シスター 2 宇宙にたったひとり… (ビッグコミックス)
星里もちる

小学館 2010-09-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

宇宙人が事故に巻き込んでしまったために、肉体の再構築とやらをするはめになった主人公、三谷。で、それに付き添う宇宙人は、三谷の記憶を改竄し妹と思わせる。しかし徐々に感情移入していく妹、花苗(ハナ)。三谷と同僚の北川さん(女性)の関係も進展していくのだが…。

さてこの巻では、宇宙人というのは同僚にとっととばれてしまいます。
じゃあ三谷は北川さんとくっつけばいいじゃないか、と思いますが、ハナもまだ同居していて、主人公はハナを妹としておきたい様子でなかなか面倒。ハナには上司的な存在の宇宙人もいて、彼は「やがては地球を離れるのだから」と特別な感情は持たないようにと言っていますが、止められてこそ抑えられないのがハナの気持ち。


三谷が回復する(ハナが地球を去る)までのリミット付き三角関係ですし、北川さんは物分かりがいいし、何も問題はないんじゃないの?と思えば読者としては盛り上がりにかけます。

今のままではサブも含め、主要登場人物5人てのが多過ぎに思えます。
(三谷、ハナ、北川さん、松木、宇宙人上司)

で代案1。もう一人の同僚、松木が北川さんを好きなのを三谷に相談してあって、三谷がサポートする約束をしてしまっているという四角関係(対角線1本)にしてしまうとか。オーソドックスですがドタバタ感は出るかもしれません。

第2案。ハナの上司が、三谷を宇宙に連れて行ってもいいと許可を出す。ハナの働きに免じてとかなんとか…。三谷を引っ張る女性二人。片や地球で、片や宇宙で。


話を戻して、2巻ラスト、無表情で歩道橋に佇む花苗は何か決意したのか?

判断保留で。
☆☆☆--

今更の目次は以下。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2010/10/05(火) 17:15:58|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「イママン」彼女のテンションでインタビュウ

イママン 本谷有希子マンガ家インタビュウ&対談集・「イママン 本谷有希子マンガ家インタビュウ&対談集」
本谷有希子
 駒草出版 2007-11-21
売り上げランキング : 95501
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

著者の「オールナイトニッポン」(よく見ると表紙のマイクにLFとある)の中の企画。「今、マンガ家さんに愛にゆきます」が本になった、というもの。
本谷さんはまだ読んでません。そのうち読もうと思っていたら最初がこれになりました。
小説家や劇団主宰というのは知ってましたが、『カレカノ』の沢田亜弥役声優とは知らなんだ。多才ですねぇ。

とはいえマンガ家インタビュウはかなり無謀に近い。

こんなことより、アレを聞けというリスナーは多かったかもしれません。
20年前の「谷山浩子のオールナイトニッポン」内「真夜中のお客様」(本書中にも紹介あり)のほうが、マンガ読みとしては嬉しかったとも思います。
でも彼女のインタビュウだから引き出せた面もあるんじゃないでしょうか。


気になるマンガ家さんのところを読むと意外な発見があるかも。
☆☆☆--

「タグは10個まで」というのがお約束なので、登場したマンガ家さん全員にタグをつけられませんでした。仕方ないので、私の好みでつけました。

目次

Ⅰ『イママン』特別編
 二ノ宮知子ロングインタビュウ

Ⅱ『今、マンガ家さんに会いにゆきます』
 本谷有希子マンガ家インタビュウ

 山本直樹
 河合克夫編
 三家本礼編
 唐沢なをき
 星里もちる
 陽気婢
 有馬啓太郎編
 赤松健編
 西本英雄編
 とだ勝之編
 杜野亜希編
 こうの史代
 南ひろこ編
 みずしな孝之
 おおひなたごう編
 山本直樹編②

Ⅲ『モノをつくるということ』
 本谷有希子マンガ家対談集

 とり・みき
 瀧波ゆかり
 しりあがり寿
web拍手 by FC2

  1. 2008/02/06(水) 00:36:55|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

家が怪獣なわけではありません



40918610754091861083
怪獣の家 1 (1)
星里 もちる

小学館 2005-11-30

怪獣の家 2 (2)
星里 もちる

小学館 2005-11-30


怪獣映画で壊されることになった家に住む主人公のところに転がり込む怪獣映画ファンと出演女優の美女二人。ラブコメかなと思うと、主人公は家族を事故で亡くした心の傷がまだ癒えてなくて…。

いいんだけどなー。オマケマンガを読むと家族ものとかも描いてほしいなー。「ラブコメの星里」とかレッテルを貼られてしまっているのでしょうか。「ツインビーンズ」だってあるのになー。

いろいろとひっかかるところがないわけではありませんが
いい感じだと思います。ファンの欲目かな?!
★★★★-

前作「ルナハイツ」が安田美沙子主演で映画化決定とか。
とりあえずめでたい。主題歌は王様の「月光おじさん」…なワケないか。
個人的には「オムライス」をTVシリーズで見たいですねぇ。
いや、若かりし石黒賢で「いきばた主夫ランブル」をとか…。 web拍手 by FC2

  1. 2005/12/09(金) 23:34:39|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。