* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「隠居の日向ぼっこ」ご隠居回想帖か江戸への訣別か

隠居の日向ぼっこ・「隠居の日向ぼっこ」杉浦日向子
 新潮社 2005-09-15
売り上げランキング : 116071
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

朝日新聞にH12年2月2日から13年1月31日まで連載した江戸の小物と風俗についてのエッセイ。過去の自作から切り取ったイラストが1話に1枚。

明るく軽い文章は個性として、一編一編を短くまとめたスタイルは 「ごくらくちんみ」への試みを感じさせます。
それゆえの「訣別」でターニングポイントとなる一冊かも。

最後が「餅」というタイトルの一文。
不謹慎と言われそうだが、大往生を遂げた暁には、御焼香の替わりに、参列者に一杵ずつ願い、極楽へのはなむけに、皆で餅を味わう、めでたい葬儀もいいと思う
という文章で締めたのが、ご自分の病気を意識してのことなのかどうか。

イラストから漫画を辿ってみるのも楽しいか。「入浴の女王」とか懐かしー。
☆☆☆☆☆

目次


 踏み台,浮世絵,すごろく,頭巾,鍵,手拭,はこぜん,きせる,屏風,畳,桶,矢立て,根付け


 ふさようじ,ひごのかみ,はいちょう,へちま,軽石,耳掻き,かやり,蚊帳,釣忍,団扇,褌,杓子,お歯黒


 黒髪,櫛,雑巾,湯屋,かわや,おやつ,熊手,鏡,丼,まめ,ねんねこ,おひつ


 座布団,貧乏徳利,明かり,時の鐘,ちろり,赤チン,ゆたんぽ,火箸,炬燵,箱枕,はたき,餅

以下余談
・・・more・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2007/10/09(火) 23:59:16|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

追悼 杉浦日向子



44800320884480032096
百日紅 (上)
杉浦 日向子

筑摩書房 1996-12
売り上げランキング : 8
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

百日紅 (下)
杉浦 日向子

筑摩書房 1996-12
売り上げランキング : 9
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

江戸風俗研究家で元漫画家の杉浦日向子さん(すぎうら・ひなこ、本名・鈴木順子)が22日午前4時32分、下咽頭(いんとう)がんのため千葉県柏市内の病院で逝去されたとの記事。

少し前の地震。うちでは本棚に積んであった日向子さんのちくま文庫が崩れたのが唯一の被害。これが凶音だったか。(ンなこたァ、ない、ない…)

少し前から掌編をものしており、「ごくらくちんみ」「4時のオヤツ」と結実はしたもののまだまだ悔やまれる46歳。


とりあえず載せたのは一番のお気に入り「百日紅」。浮世絵師・葛飾北斎と、娘で同じく浮世絵師だったお栄、二人の暮らしに居候絵描き、池田善次郎(のちの渓斎英泉)を加えた絵師三人を中心に、世間とはちょいとはずれた日常を描いてます。
花魁、追いはぎ、男娼に将軍。俗事、怪異を取り混ぜて
散れば咲き 散れば咲きして 百日紅(千代女)

御隠居は観音様になりました。
合掌…。
web拍手 by FC2

  1. 2005/07/26(火) 14:18:06|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なんとなく物足りないときに

4時のオヤツ
杉浦 日向子

新潮社 2004-11-23
売り上げランキング : 62,145
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

井の頭の糸切りだんご、三越のソフトクリーム、ルコントのポンム・ド・テールなど、各話に一品づつのオヤツに彩られた超短編集。

「ごくらくちんみ」の姉妹編。で、「オヤツ」を読みきるまでのほうが時間がかかったのは、甘味と酒の肴の違いなのか。甘いのは嫌いじゃないし、酒呑みでもないんですがねぇ。

四時という半端な時間にふと口寂しくなる……のか?
一冊、手元に置いといて半端な時間に一篇、本読みのオヤツ。

アラーキーの写真が一枚あります。目ばかりギラギラしてるようで、どう?
★★★★- web拍手 by FC2

  1. 2005/04/12(火) 13:57:24|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。