* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「バーバーハーバーNG」実はカバーは飛び出し仕様?!

バーバーハーバーNG (KCデラックス) (KCデラックス)・「バーバーハーバーNG」小池田マヤ
 KCデラックス(講談社)2007-11-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

NGは、Next Generation。「バーバーハーバー」の主人公、皆人と東子の子ども海人と美波が主役です。ボーナストラックみたいなものでしょうか。

「バーバーハーバー」シリーズでの登場人物たちのその後も垣間見られる、というかそれが気になる人向けなんでしょうね。
でも親になるとさほどの変化はないのか(いや、あると思うんですけどね)その辺はちょっとガッカリ。ま、この量だと詰め込むのもアレですし…。
みんなが気になるホクロンと智子にはそれなりにページを割いています。そこら辺はキッチリ押さえてくれてます。

「バーバーハーバー」全7巻。正月休みに読んでみる?
☆☆☆☆-

→著者インタビュー
珍しく写真付きインタビューです。

目次

第1話 レッツ! メルへんピクニック
第2話 流れ星の夜
     おまけ
第3話 夫婦で…ふう××
     おまけ
第4話 楽しいハロウィーン
第5話 親子でクッキング
第6話 ホクロンに首ったけ▽(←ハートマーク)
第7話 番外編 それからのあの二人
第8話 マッチ売りの美波ちゃん
第9話 お正月迷宮(ラビリンス) 前編
第10話 お正月迷宮(ラビリンス) 後編
第11話 中継 2月14日(バレンタインデー)
第12話 ある日いきなり見えない敵が!?
第13話 大人で子供の日
第14話 虹を待ってる①
第15話 虹を待ってる②
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2007/12/20(木) 22:52:33|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「ひのたまLOVE」原点回帰…する?

ひのたまLOVE・「ひのたまLOVE」小池田マヤ
 双葉社 2007-04-07
売り上げランキング : 13388

Amazonで詳しく見る

7年以上前の作品。すでに4コマ形式にはなっていますが、オラオラ系の女性が主役の恋愛モノということで「零子が行く!」を思い出します。全体の雰囲気は「僕のかわいい上司さま」とか。

主人公、日野珠子。ツアコンに憧れて旅行代理店に就職。やる気のない職場でつまらない日をおくっていたが、新たに赴任した支店長が職場を変えていって、父親と同じ年の支店長が好きになって…という話です。未完なのが残念。
ただ、旅行代理店を舞台にしながら、それ以後の作品のような現場取材感は薄いかも。
(未完なので、収録部分までの感想ですが)
作者の足跡を感じさせます。

更に古い「葵さまが好き▼」も収録。(▼はハートマークの代用)
こちらは男か女か謎の葵さんと元社長一家の4コママンガ。
男でも女でもないキャラについては、作者の「永遠に好きなモチーフ」とあります。中性ではなく「性別を越えた何か」。
小池田ファンは今後、このキーワードに注目です。

ファンなら原点として押さえておいたほうが…いいかも?
☆☆☆--
web拍手 by FC2

  1. 2007/04/22(日) 22:00:00|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

9月の購入コミックス・コメント

強殖装甲ガイバー (24)・「強殖装甲ガイバー 」(24)高屋良樹
 角川書店 2006-09-21
アリゾナ・クロノス本部の戦いは一応決着。一方、日本のカブラールは身の丈、100メートルを超す最終形態・ドラグロードへと!ガイバーⅠは?アプトムは?
次巻、ギガンティックの真の力が解き放たれる!
★★★



恋愛ディストーション 5 (5)・「恋愛ディストーション」(5)犬上すくね
 少年画報社 2006-09-27
山野辺に近づく女あり。まほ先生の姉夫婦登場で次回波紋?他、短編2本収録。
年下の男を喰っちゃう短編は、女性編集者のファンタジーかもしれないけど、少し考えようよ。ヤオイ同人誌じゃないんだから。
★★-



聖★高校生・「聖★高校生」(9)小池田マヤ
 少年画報社 2006-09-27
上のと較べて、SEX と病気とかきちんと考えているのはこっち。その分重いし、クセがあるのでなかなか他人に薦めるのは難しいのですが、パワーを感じます。
いよいよラスト1巻。
★★★

web拍手 by FC2

  1. 2006/10/04(水) 00:03:52|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月の購入コミックス・コメント(遅いって)








CGH! 2 (2)銭 四巻
RAISE(2)さんさん録 2 (2)
耳かきお蝶 2 (2)ラーメン発見伝 17 (17)
レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)女はつらいよ

土曜に体調を崩して、力の入らない週末。7月も半分を過ぎてやっとマンガの記録を。
チビチビと書いてきて、なんとなく今思うと辛めかもしれません。これいつもなら星三つじゃないのというのが二つになってるかも。さて?

「CGH!」(2)小池田マヤ,祥伝社
「うちの会社、変態ばっかじゃんーっ!!」と帯にもありますが、そろそろついていけなくなってきました。笑えるブルジョアは好きなんですが…。白キャラヒナコとその他黒いキャラとのアンバランスがどうもうまく噛み合わないというか、今後どーなる?
★★-

「銭」(4)鈴木みそ,エンターブレイン
今回の白眉は7話を使った声優編。いつから声優にアイドル並みのルックスを求められるようになったんだかは知りません。すごい人は素人に判るくらいすごかったりする、それで充分ではないのですよね。と、片足の残ってるアニメ村を想いつつ…。
★★★

「RAISE」(2)新谷かおる,少年画報社
第二次大戦末期の爆撃機乗りの話。後半では敵であるドイツ軍にジェットが登場。歴史の転換点というか、日進月歩の航空史というか…。複雑な気持ち。
ノルマンディー上陸作戦の前日、BBCはヴェルレーヌを流したんでしょうか?
★★-

「さんさん録」(2完)こうの史代,双葉社
「うんと苦手なものを描いてみよう」と「じじい」の登場する「豆知識漫画」に挑んだという著者。じじいは年下の女には「甘えん坊」や「無知」を求め、嫌いな者にも好きな者にも悪口しか言わない。でもそこから変化していったとこは「傑作なのでは!」
★★★

「耳かきお蝶」(2)湯浅ヒトシ,双葉社
花火師、火消しも登場し脇が豊かになって江戸の風情もたっぷりと。こーゆーのを連載で続けられるのはすごいことではなかろうか。夏目房之介も「もっと読みたい」と思わせるマンガと書いている。「でも、マンガ好きが言上げしないだろうな」とも、ね。
★★★

「ラーメン発見伝」(17)久部緑郎/河合単,小学館
今回、メインは沖縄ラーメン。沖縄そばは以前に食べたことがありますが、どうも観光客向けな印象が…。これ読むと、沖縄で行って食べたくなりますね。あと「ラーメン・マニア大暴走!!」。最近多い、謝罪会見で頭を下げた回数とか報道するマスコミ批判?!
★★-

「レナード現象には理由がある」川原泉,白泉社
久々の川原さんです。今映画「笑う大天使(ミカエル)」が公開中。前作「ブレーメンII」が、第44回日本SF大会“星雲賞”受賞!そんななか、変わらぬ面白さで「ブレーメン」よりは好きかな。学園モノだからでしょうか。
★★-


「女はつらいよ」業田良家,小学館
娘のため、老父母のため、理想のダンナ様探しの旅に出た女の物語。温泉コンパニオンとして渡り歩くのが当初の予定だったのでしょうが、だんだんとずれてからが面白い。一時期の怖いような面白さではありませんが、昼の連ドラあたりでどうでしょう?
★★-
web拍手 by FC2

  1. 2006/07/17(月) 04:51:41|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

7月購入コミックス 一息コメント

三ツ星評価で簡単に…。

「暴君ティラノさん」みよね 椎/真鍋 譲治,角川書店
絵と原作の分担がうまくいっていないのか、真鍋譲治が全部描けばいいんじゃないの?!絵のみよね椎を好きなだけにどうにも…。★--

「聖★高校生」(8)小池田マヤ,少年画報社
HMVっすか?AIDS については昔、入江紀子が描いていたけど、ここで出るとは。概念芸術や刺青など、盛り沢山にちりばめてます。以前、作者の芸風を黒白で書きましたが暗くても黒くはないのかも。★★★

「ヴィンランド・サガ」(1)幸村誠,講談社
「プラネテス」の幸村誠がヴァイキングを。迫力は…あります。まだまだ序章。★★-

「百鬼夜行抄」(13)今市子,朝日ソノラマ
文庫を待ち切れずに、単行本で追いかけることにしました。ちなみに文庫6巻は単行本10巻分ちょうどです。よく調べないで重複買いしたのは私。★★-

「暁星記」(5)菅原雅雪,講談社
ようやくの5巻ですが、まだまだ先は長そうです。今回はちょっとつなぎみたいで、今イチ。★★-

「バーバーハーバー」(7完)小池田マヤ,講談社
今月もう一冊の小池田。床屋が舞台のほのぼのメルへんマンガ、ハッピーエンドで堂々の完結。平井とミカリンの過去、幸ちゃんと研人は?ホクロンと智子は?など慌しくも区切りをつけておまけまで収録。うちの奥さんはこれを読んで万博公園まで行きました。★★★






404712408740471240874063635597
425790534440637245144063375773

web拍手 by FC2

  1. 2005/08/01(月) 21:59:26|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

職人、小池田が今度はサボテンを

4396763611CGH! 1 (1)
小池田 マヤ

祥伝社 2005-06-25
売り上げランキング : 8,862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

CGH!とは Cacutus,Go to Heaven! の頭文字で、作者の得意なOLモノを今度はサボテン&多肉植物の専門店を舞台に、といったところです。今のところ、それほど黒くありません。
(蛇足ながら作者の芸風は、ほのぼの白小池田・ダークサイド黒小池田と分かれるようです)

デザイナーとして雇われた主人公・ヒナコと入社前にフィレンツェで会って(ベッドを共にして)いる社長・マキオ(女性)、社長とは昔からのつきあいの副社長・黒須、ティーンの営業・アイザック、社長をセクハラで訴えたこともあるスタイリスト・リンダ(山本)。総勢5人のC&Sカンパニーとはいえ、社長のバックには大富豪が…。

さて、これから誰と誰がどうなっていくのか?
基本の人間関係、店長と主人公・ヒナコは「マイペース!ゆず☆らん」の蘭とみちるちゃんの関係をひきずっているようにも感じます…。やり残したことがあったのでしょうか。ビアンの道を突き進めるつもりか?みちるちゃんは結婚したけど、ヒナコは?

とりあえず評価は保留気味に
★★★--
web拍手 by FC2

  1. 2005/07/01(金) 00:40:30|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。