* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『地球移動作戦』とりあえず、読んだとだけ

地球移動作戦 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)地球移動作戦 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)
山本弘

早川書房 2009-09
売り上げランキング : 145964

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これは正直、飛ばし読み。25文字19行2段組、430頁は今の私には読み込めません。

新天体が地球にぶつかるから、どうにかしなきゃ!ってのは概略。
タイトルで「移動」とありますから、『「アルマゲドン」のような迎撃ではありません』といっても、ネタばらしじゃないよね。

天体の最接近まで24年。中途半端に長いのがいけないのか、まあ各国がまとまらない、まとまらない。そんな星、ホントにあるの?という懐疑論者も出てきますし、早くとりかからないといけないのに、強力な対案があってけっこう支持されたりします。


映画「妖星ゴラス」へのオマージュとして書かれた小説で、比べてみるのも一興。

縛りがある分、面白みは減ったようにも。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2012/01/31(火) 00:40:13|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『MM9-invasion-』意外なかたちでの復活!

MM9―invasion―MM9―invasion―
山本弘

東京創元社 2011-07-21
売り上げランキング : 3203

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前作のノリが「ウルトラQ」だとしたら、今回は「ウルトラセブン」でしょうか。

なにしろ、前作にも登場した "ヒメ" に宇宙人が憑依するのですが、その宇宙人というのは「宇宙の正義と平和を守る活動」をしていると公言してます。
(そのほか、あれこれありますが、それは探してみてください)
で、相性の関係で宇宙人の思考波を受信できる主人公の高校生・案野 一騎(あんの いっき)とともに活躍するわけです。

まず登場するのが冷凍怪獣。相手にとって不足なし!
舞台はスカイツリー近くから皇居付近。
さすがの舞台設定でしょう。

そして第2部ではありますが、これで完結ではありません。
次巻「MM9-destruction-」が待ち遠しい!

目次

 プロローグ 不吉なコンタクト
1 眠る少女
2 宇宙からの使者
3 狙われた東京
4 破滅を呼ぶ電波
5 怪獣警報
6 白い脅威
7 最終防衛線
 エピローグ 不可侵の姫

冷凍怪獣については続きで。

・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2011/09/28(水) 00:52:59|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏休みが終わって

夏休みっても自分の休みはほぼ無いし、先週から始まっている学校もあるらしい。
ま、それでも8月31日や9月1日は一区切りです
一年の三分の二という節目ですしね。

「瑠璃の契り」
「当マイクロフォン」
「審判の日」
「偽りのスラッガー」

について、夏の間に読んで感想を書ききれなかったので簡単に。

少し前に忙しくなりそう、などと書きまして一部にご心配をおかけしましたが、この暑さで仕事のほうが縮小を余儀なくされまして、時間はそれなりに取れました。
汗びっしょりになって仕事をして(あまり稼げない部分の仕事ですが)疲れて帰って本を読んで寝るというのはなかなかに健康的な生活と感じます。
ポイントは暑過ぎるから、考え過ぎないことでしょうか。

お天道様と米の飯はついてまわらぁ、とうそぶきながら日々をすごしております。

瑠璃の契り―旗師・冬狐堂瑠璃の契り―旗師・冬狐堂
北森鴻

文藝春秋 2005-01
売り上げランキング : 170310
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

旗師とは店舗を持たない骨董業者のこと。主人公・宇佐見陶子の関わった「倣雛心中」「苦い狐」「瑠璃の契り」「黒髪のクピド」4篇を収録。
ラジオでピーコさんが薦めていたので手に取った一冊。骨董は面白そうだが、扱う範囲が広くて手に余ります。主人公もこの本だけではまだ素性が知れず。
このシリーズ、ちょっと追いかけてみましょうか。
☆☆☆☆-



当マイクロフォン当マイクロフォン
三田完

角川グループパブリッシング 2008-06-28
売り上げランキング : 314410
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「押しつぶしたような独特の抑揚で、文章の切れ目がふつうのナレーションとは微妙に違う語り口」。「にっぽんのメロディー」などで有名な元NHKアナウンサー、中西龍(なかにし りょう)の評伝。とはいえ私、中西龍を知らないんですよね。
話は二村淳(著者がモデルらしい)と中西の交流に中西の過去を織り交ぜつつ進みます。女性遍歴はお堅いNHKのアナウンサーらしからぬところ。
昭和一桁生まれの雰囲気は興味深いが…。
☆☆☆--



審判の日審判の日
山本弘

角川書店 2004-08-31
売り上げランキング : 446632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SFだけれどホラー風の展開が多いか。
「闇が落ちる前に、もう一度」「屋上にいるもの」「時分割の地獄」「夜の顔」「審判の日」の5篇を収録。
どれも今ひとつものたりない。「闇が…」はどこまでが偶然生まれた秩序なのか、登場人物が多すぎるのでは?独りで自室でパソコン越しのコミュニケーションならともかく。「屋上に…」では男性と違って女性は殺されるんだという疑問が残り、「時分割の…」はタイム・シェアリングの和訳だがあまり内容に合っていない。「夜の顔」は最近流行りの「人が喰われる恐怖」の先駆け…ではありません。「生きることに意味なんてない」と言って何故「顔」が出てくるのかがうまくつながらない。落語みたいなサゲだし。「審判の日」では真菌や植物が選択という状況理解&判断意識を持てるものか疑問?それになにより「選択」は「審判」ではないよね。
ノリが合わないのか。
☆☆☆--



偽りのスラッガー偽りのスラッガー
水原秀策

双葉社 2009-03
売り上げランキング : 384908

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プロ野球のスター選手のドーピング疑惑を解明するために、膝の怪我で4年前に引退した秋草隼(あきくさ じゅん)に白羽の矢が立った。復帰して内部から調べてくれ、と。
「サウスポー・キラー」(→過去記事参照)に続く野球ミステリ。
サービスで沢村投手を出すのなら、主人公と彼女の出会いについても少し頁を割いてほしかった。
爽やかすぎるエンディングの気もしますが。
☆☆☆☆-

web拍手 by FC2

  1. 2010/09/01(水) 23:17:35|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「MM9」なるほど!怪獣災害は気象庁の担当ですか

MM9・「MM9」山本弘
 東京創元社 2007-12
売り上げランキング : 8192
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

これは怪獣小説です。
タイトルのMMとはモンスター・マグニチュードで、かつては災害の脅威度から評価されていましたが、今では同体積の水の重量から算出されています。
MM0は1トンの水に等しい体積の小型怪獣でMMが1上がるごとに体積は2.5倍になります。MM8は水重量換算1600~4000トン。怪獣大国、日本でもこのクラスは1世紀に数回しか現れません。

対応するのは気象庁特異生物対策部、略して「気特対」!
登場するのは海棲怪獣から人型、植物型などの怪獣たち。時として質量保存則まで無視する存在である怪獣に気特対はどう立ち向かうのか?

著者といえば「こんなにヘンだぞ!『空想科学読本』」という著作もありますから、怪獣小説といって侮るべからず。
そこら辺は追記で。
ウルトラQのノベライズくらいに思ってると足を掬われますよ。

エピローグまで気を抜くな!
☆☆☆☆☆

目次(と少々)
第一話 緊急!怪獣警報発令(シークラウドは小笠原沖を北上中)
第二話 危険!少女逃亡中(ヒメは岐阜で巨大化する)
第三話 脅威!飛行怪獣襲来(グロウバットは何を目指すのか?)
第四話 密着!気特対24時(メガドレイクよりTVが怖い?)
第五話 出現!黙示録大怪獣(クトウリュウは神なのか!これぞMM9!)

そもそも怪獣は存在できるのか?という部分は多少のネタバレを含みつつ以下で。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2008/05/11(日) 12:42:03|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

「まだ見ぬ冬の悲しみも」器用さ故の読みにくさでしょうか?

まだ見ぬ冬の悲しみも (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)・「まだ見ぬ冬の悲しみも」山本弘
 ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション(早川書房)2006-01
売り上げランキング : 163711
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

広いジャンルのSF短編集。
ずいぶんザックリ言ってしまいますが、いろいろなアイデアを語ってアイデア自体の面白さは感じつつ、初めて読む者としては文体がこなれていない印象も…(スイマセン)。

なんと言うのか、キャラが定まらない読みにくさですかね。「闇からの衝動」は作品の性格上しかたないとして。星新一に筒井康隆や初期のカジシンとか…いわゆるアイデアもの短編では内容は千変万化でも主人公の性格は共通する印象がしていましたが、本書では主人公のキャラをあまり出していません。それがなんとなく足場の不安定さみたいに思ってしまうのでしょうか。

慣れれば、この文体も作者らしさとなって、と学会会長の面目躍如という風になるのでしょうか。

初めての山本作品。さて、次は?
☆☆☆--

目次
奥歯のスイッチを入れろ
バイオシップ・ハンター
メデューサの呪文
まだ見ぬ冬の悲しみも
シュレディンガーのチョコパフェ
闇からの衝動
あとがき
web拍手 by FC2

  1. 2008/03/23(日) 20:13:11|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。