* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『舟を編む』これは彼女の何%?

舟を編む舟を編む
三浦しをん

光文社 2011-09-17
売り上げランキング : 218

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2012年本屋大賞受賞。辞書を作る人たちの話です。

個人的にですが、2010年同賞4位の「神去なあなあ日常」のほうが読みごたえがあったかと思います。

ネット評とかである「ラノベっぽい」てのは、本(と作者)の選び方を間違えてますね。もっとリアルなのがいいってんならノンフィクションでも探せばいいでしょうよ。

ただ、エピソードや書き込みがもう少し欲しい、とは感じました。
259頁ってのは、作者にとってちっと物足りないかも…。字数(何行何文字)まで同じかどうかは調べてませんが、「風が強く吹いている」は512頁、「神去なあなあ日常」は290頁と、著者にしても全力を尽くすというより、書き込み不足感があったのではないでしょうか。

本屋大賞ってのは「書店員がいちばん売りたい本」ということですが、出版業界が舞台だと多少、甘くなりますかねぇ。


帯にあるイラストは装画・イラストも手がける雲田はるこ。


この本の装丁自体が「大渡海」という辞書を実現してるようですが、ひとつだけ。
「本体の表紙と裏表紙には、三日月と舟のマークがそれぞれ控えめに刻印されている」(P.241)とありますが、この順なら表紙=三日月、裏表紙=舟ですよね?で、実際は逆(表紙参照)。「大渡海」ということなら表紙=舟のほうが私もいいと思いますが、じゃ、本文について作者に物申しましたか?
もしや作者は、表紙=裏表紙=三日月&舟(月夜を行く舟)というデザインを意図してました?

どちらにしてもツメが甘いようです。
鮨屋のツメではもちろんありません。そっちは甘くても可。

※穴子のツメならしょうゆ・酒・みりんと捌いた穴子の頭、中骨などを一緒に煮込みます。しょうゆ・酒・みりんの割合は1:1:1で砂糖はお好みです。気長に弱火で煮詰め、その際アクはコマめにすくいます。
焦がさないよう頑張って見ます?

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2012/08/17(金) 00:27:34|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『神去なあなあ日常』林業の愉しみって?

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
三浦しをん/装画・金子恵

徳間書店 2009-05
売り上げランキング : 2135
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

名古屋から近鉄線で松阪へ、そこから聞いたこともない一両編成のローカル線で終点の神去村(かむさりむら)へ。
横浜育ちの平野勇気は親と教師にはめられて高校卒業後、神去村で林業研修をすることになります。

林業?知らんよ全然。なのですが、視点は今の若者ですから、まったく違和感はなく。

一年、四季折々の村と山が描かれますが、どうもまだ山の暮らしが見えてきません。
暮らしというか、楽しみとかね。
主人公が世話になっている家の男はスナック遊びもしている様子。
主人公も夏に休みをもらって実家に帰りますが、山に早く戻る理由は山仕事とはちょっと違います。
村が過疎なのは事実だし、やっぱり主人公もどこまで続くか…などと思います。

欲に目が眩んだら難しいと思うんですがね。
☆☆☆☆-

目次

一章◆ ヨキという名の男
ニ章◆ 神去の神さま
三章◆ 夏は情熱
四章◆ 燃える山
終章◆ 神去なあなあ日常
web拍手 by FC2

  1. 2010/06/22(火) 23:42:23|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「仏果を得ず」恋じゃないのよ 小指のうずき ぶつけた箪笥が 憎いだけ

仏果を得ず・「仏果を得ず」三浦しをん
 双葉社 2007-11
売り上げランキング : 10814
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

ある日、笹本健大夫(ささもとたけるだゆう)は師匠である銀大夫に「おまはん、六月から兎一郎と組みぃ」と言われる。鷺澤兎一郎(さぎさわといちろう)は「実力はあるが変人」で通っている。で、プリン好き。まあこれはいいとして…。
さて、師匠の思惑は?

「あやつられ文楽鑑賞」(過去記事参照)からずいぶん経ってしまいましたが、ようやく読めました。

文楽の演目が章タイトルで、主人公が物語の中でその演目を語るために役柄の解釈なども深めていきます。でも、そこらがすべて描かれるわけではありません。微妙なサジ加減で文楽を見たくなってきます。著者の巧みさですかね。しかし藝に励むってすごいです。
少し前、TVで歌舞伎役者の密着ルポがありましたが、違う藝といえども伝統芸能の人たちって、そのことばっかり考えてますよね。そんな感じでしょうか。

そうそう、堅いことばっかり考えているわけではありません。
恋愛で男が要求される、一番大事なことは「色気」とか。
古典といえど、人間を描くメディアとしては、今に通じることがないわけないですよね。
説明もあるので、文楽を知らなくても大丈夫だとは思いますが、「あやつられ文楽鑑賞」で基礎の基礎を押さえておいたのがよかったとは思います。

今回、語りと三味線がメインでしたが、次回は人形遣いを主役に是非!
☆☆☆☆☆
タイトルの都々逸は作中に登場するもの。筋とは関係ありませんが、笑いどころで。

カバーイラストは勝田文さん。
手前左が健、右が兎一郎。右奥が銀大夫、中央に健が小学校で文楽を教えている岡田ミラちゃん。左奥は…?
ミラちゃんが抱えているのが床本(ゆかほん)と言って語りに用いるもの。習っている「寿式三番叟」のものですね。

演目
一、幕開き三番叟(まくあきさんばそう)
二、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)
三、日高川入相花王(ひだかがわいりあいさくら)
四、ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき)
五、本朝廿四考(ほんちょうにじゅうしこう)
六、心中天の網島(しんじゅうてんのあみじま)
七、妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)
八、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
web拍手 by FC2

  1. 2008/05/21(水) 19:19:21|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「あやつられ文楽鑑賞」伝統の垣根にかける、しをんの梯子

あやつられ文楽鑑賞・「あやつられ文楽鑑賞」三浦しをん
 ポプラ社 2007-05
売り上げランキング : 23614
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

著者の文楽好きが結実した「仏果を得ず」…を読まずに、順番通りにまずこちらを。

『仮名手本忠臣蔵』『桂川連理柵』『女殺油地獄』という有名どころも取り上げ、歌舞伎との違い、そして著者のいう「文楽マジック」など目利きの目を借りて見るとなかなか面白そうです。
『仮名手本忠臣蔵』は武士の忠義をそれほどたたえずに"「忠義ゆえに、心ならずも苦悩する立場に追いこまれた人間の心情」に、強くスポットライトを当てた内容"って、四十七士にちなんで事件後四十七年を記念して作られた話にしてはちょいとシニカルじゃあないですか。
かと思うと、トンチンカンなセリフが出てきたり…。
読み進めるうち、今まで糢糊としていた文楽のイメージに目鼻がついた気がします。

大夫さんの語りで気持ちよく眠ってしまったりもする著者。
彼女の文章は正直すぎて、でも文楽入門には最適かと。
☆☆☆☆-

収録は以下。

まえがき
一章 鶴澤燕二郎さんに聞く
二章 桐竹勘十郎さんに聞く
三章 京都南座に行く
四章 楽屋での過ごしかた
五章 開演前にお邪魔する
六章 『仮名手本忠臣蔵』を見る
七章 歌舞伎を見る
八章 落語を聞く
九章 睡魔との戦い
   「いい脳波が出てますよ」
十章 『桂川連理柵』を見る
十一章 内子座に行く
十二章 『女殺油地獄』を見る
十三章 『浄瑠璃素人講釈』を読む
十四章 豊竹咲太夫さんに聞く
十五章 襲名披露公演に行く
あとがき
web拍手 by FC2

  1. 2007/12/24(月) 23:19:56|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「まほろ駅前多田便利軒」マンガよりTV向けかと…

まほろ駅前多田便利軒。・「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん
 文藝春秋 2006-03
売り上げランキング : 14210
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

松田優作の「探偵物語」や「濱マイク」のノリでしょうか。探偵ではありませんが、でも事件を解決しながら男二人の一年が過ぎていきます。
都下、まほろ駅前で便利屋を営む多田啓介のところに高校時代の同級生、行天(ぎょうてん)春彦が転がりこんで…というストーリー。主人公二人は若くもないんでしょうが(三十くらい?)本文イラストの下村富美による絵がカッコよくて…腐女子向き?
(ガラスペンを使ってるのか、山田章博みたいなタッチで)

ネット評ではマンガだなんだと低く見る人もいるようですが、個人的にはまずまず。
「大人になると、友だちでも知りあいでもない、微妙な距離のつきあいが増える」(P.240)とか、取り出すとなんてことないセリフですが、意外にひっかかったりして…。

まほろ市にはモデルがありますが、そこを知る人は面白さアップ確実。
☆☆☆☆-

もくじ
0 曽根田のばあちゃん、予言する
一 多田便利軒、繁盛中
二 行天には、謎がある
三 働く車は、満身創痍
四 走れ、便利屋
四・五 曽根田のばあちゃん、再び予言する
五 事実は、ひとつ
六 あのバス停で、また会おう
web拍手 by FC2

  1. 2007/08/02(木) 20:36:38|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「風が強く吹いている」ハイジ、クララ、ユキちゃん、ぺー…

風が強く吹いている・「風が強く吹いている」三浦しをん
 新潮社 2006-09-21
売り上げランキング : 6870
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

メジャーどころです。
いきなり冒頭が万引きシーンなので、イヤなキャラクターなのかな?と思いましたが、そんなことありません。みな素直で、好感もてます。

さて、ストーリーは箱根駅伝に挑戦する寛政大学、寄せ集めチ-ムの日々。
チーム結成から記録会、予選会、そして本大会と…。

で、しっかりと管理されたチームに挑む個性派雑草チームという、まあ王道すぎる展開です。でも途中何度もウルウルときます。いやぁ筆力?!

装画の山口晃がまた合っている。イヨッ!平成の大和絵師!
表紙・裏表紙には人物紹介、名場面を収録。
文庫になっても折り込みとかで是非残してほしい一枚です。

ひとつだけひっかかるけど、細かいとこは置いといて
☆☆☆☆☆

ここでタイトルにつけた「ハイジ、クララ…」てのは本文で出てくるシャレです。
読み終えると、華は走(かける)かもしれませんが、主役は灰二だよなぁということで改めてナルホド、と。

以下、ひっかかったとこ。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2007/03/28(水) 22:00:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。