* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「美味しんぼ」(102)区切りの決戦を見逃すな!

美味しんぼ (102) (ビッグコミックス)・「美味しんぼ」(102)雁屋哲花咲アキラ
 ビッグコミックス(小学館)2008-06-30
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

今回、全11話を使って「究極と至高の行方」を描いています。
それぞれが中心となる人間が替わることもあり、区切りとなる一大対決です。

対決の主題は「どれだけ相手を喜ばせることが出来るか」。具体的な課題は"朝食"、"昼食"、"晩餐"の三つ。
双方の集大成としてのメニュー。これは読まずにはいられません。

そしてもう一つの柱、海原・山岡 親子の和解はどうなる?
☆☆☆☆☆

さて、これが最終巻となるわけではなく、「日本全県味巡り」をしながら対決は続くそうです。前巻記事で長編故の敷居の高さを書いたこともあり、「新生」をイメージしてタイトル変更などもどうかと思います。でも「日本全県味巡り」は8県済んでいますよね。これが痛し痒し。
いいアイデアはないものでしょうか?

ここで登場する料理は?
今回、裏表紙にまとめてあったものを転記しました。
前巻でもありましたっけ?

済州島風アワビのお粥、アワビの肝の唐揚げ、山岡想い出の弁当、水出しコーヒー、ハイビスカス・ティー、コンソメ汲み上げ湯葉、プチトマトの牛肉・ブリーチーズ詰め、玄米パンの鱒の燻製のせ、赤紫蘇のおむすび、メゴチの天ぷらのおむすび、すぐきのおむすび、梅干しとウニの塩辛のおむすび、焼き味噌のおむすび、アナゴと岩海苔のおむすび、黒豆寒天、イチジクのコンポート、紅玉の砂糖煮、ブルーベリーシュークリーム、行者ニンニクのおひたし、シオデのおひたし、ワサビのおひたし、アワビの肝の寒天寄せ、スッポン煮こごり、山芋と鯛のすり身団子、伊勢エビとトリュフの蒸し物、ウズラの塩蒸し、上海ガニ、アラの目玉、ご飯・梅干し・味噌汁、スズキの天然氷洗い、干し柿のアイスクリーム、鮭のルイベ、アナゴの白焼きと大根の葉の味噌汁、径山寺味噌、ジャスミンライス、ベーコン・レタス・ゆで卵・昆布の佃煮トースト、生ハム・ブルーチーズ・トマト・ルッコラのトースト、飲むヨーグルト、いろいろつゆの茹で上げうどん、求肥、磯の小ガニの唐揚げ、ウツボのちり鍋、凍みイモの鍋、イラブにゅうめん、馬肉のタルタル南部せんべいのせ、メカブ対州そば、やせうまの汁粉、鶏鍋、ロブスターのトリュフソース、トリュフパスタ、トリュフサンド、山岡風水出しコーヒー

以下、ネタバレを含みます。これから読むつもりの方は読後に続きをどうぞ。
・・・more・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2008/07/06(日) 13:08:53|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「美味しんぼ」(101)グルメじゃないけど原点回帰?お久しぶりです

美味しんぼ 101 (101) (ビッグコミックス)・「美味しんぼ」(101)雁屋哲花咲アキラ
 ビッグコミックス(小学館)2008-02
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

初めに言い訳をすると、朝日新聞4月16日の「コミック★ジャック」(藤本由香里)で紹介されていて、後追いになってしまいましたが決してそんなことはないんですよ、と。
まあ後追いでも構わないのだし、「コミック★ジャック」は「アサヒ・コムBOOK」でもフォローされないので、気になる人は図書館で探してください。

今回の主眼である「食の安全」というのは、中国の冷凍餃子への殺虫剤混入事件が2008年1月末報道と考えるとタイムリーな話題です。ただこれがきっかけではなく、当初は『食品の裏側―みんな大好きな食品添加物』(安部司,東洋経済新報社)あたりから始まったようで、これが'05年秋の刊行と考えると、今更かもしれません。
とはいえ中国の4億8千万人の農業人口に対し、一人当たりの農地は0.1ヘクタールしかない(世界では0.25ヘクタールとあるが)などの事情は興味深いところでした。(※参考)

結論を言ってしまえば、日本の農産物全体に占める有機農産物の割合0.16%を増やそうということになるのですが、「安い」「日持ちがする」といった食品添加物使った食品のメリットを崩すのは簡単ではないはず。
「食」をテーマに25年連載してきた作者が一番わかることで、継続する努力も解りますが100巻が逆に敷居を高くすることもありそうです。
(最近、読んでいなかった自分を含めて)

とはいえグルメマンガの多い中、有機農業を描いてくれることに拍手を。
☆☆☆☆-

収録は2話。多分2話と中途ではなく完結していると思います。
第1話 親の味・子の心(前後編)
第2話 食の安全(1~9)

※参考サイト
「耕地と土地」
web拍手 by FC2

  1. 2008/04/22(火) 09:51:54|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。