* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2冊目の伊坂

重力ピエロ重力ピエロ
伊坂 幸太郎

新潮社 2003-04
売り上げランキング : 5,412
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

連続放火事件を追いかける兄弟。出生の過去と父親。グラフィティアート。ネアンデルタール。ピカッソ。DNA。いろいろとばらまいてますが、なんとなく納得いかない。
いろいろ無理があるでしょ。ハムラビ法典の後にアレかい?

部品が間違って置かれているというか…
ミスリードをミスしてるというか。

面白いっちゃ面白いけど
★★★--
もう少し読んでみようか思案中。


泥棒は金目のものしか取っていかない。
火事は金目のもの以外に家屋まで奪う。

こんなのを最近聞きました。
これが話と関係するわけではなくて、作者がいろいろばらまくなら負けじとこちらもばらまいてみるわけです(張り合っても何にもなりませんが)。
この話には更に続きがあって

放蕩息子は家屋どころか土地まで持っていく。

以下、ネタバレの悪口。 ・・・more・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2006/02/07(火) 23:40:08|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そして「魔王」はどうなるのか?

魔王魔王
伊坂 幸太郎

講談社 2005-10-20
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

目標とする相手に、短めのセンテンスを喋らせる能力、"腹話術"を使えるようになった主人公。
同じ頃、劇場型政治手腕で人々を煽り始めた政治家。
ファシズム、対米非難、いろいろと今ならではの状況を配置しつつ、なんとなく消化不良な結末。
上の表題作に続く「呼吸」では主人公の弟夫婦を中心に、少し先の状況が描かれる。

面白いのだけど、今に近寄りすぎたために先が書けなくなっているかも。
発展させ過ぎると、「今らしさ」という売りを失くすからね…。

これはこれでいいような、なにか他に手法はなかったものか。
考えろ、考えろ、考えろ…。
現時点では
★★★★-
web拍手 by FC2

  1. 2006/01/17(火) 23:23:37|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。