* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「タフの方舟」環境エンジニアリングでできること、できないこと

タフの方舟 2 天の果実・「タフの方舟 2 天の果実」ジョージ・R・R・マーティン/酒井昭伸
 ハヤカワ文庫SF(早川書房) 2005-05-25
売り上げランキング : 67796
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

原題は「TUF VOYAGING」
先の千年紀に地球連邦帝国が生物戦争用に作った超巨大宇宙船<胚種船>、これがすなわち「方舟」。 方舟を手に入れた宇宙商人ハヴィランド・タフの活躍を描く連作集。
1巻で引っ掛かっていた人口過剰惑星シリーズ2編を含む第2巻。

1巻を読んだときと同じように、なんとなく疲れていて、苦いコーヒーとあんまり感情的に重たくならなくていいSFが欲しくなるときに手に取ってしまったのは何故なんでしょうか…。偶然?

完結編として軽いのからやや重いのまで。
決して固くはないので楽しめました。
☆☆☆☆-

目次
第四話 タフ再臨 Second Helpings
タフが五年ぶりにス=ウスラムにやってくると、状況は…。

第五話 魔獣売ります A Beast for Norn
惑星ライロニカでは十二高家が獣を戦わせる闘戯窖(とうぎあな)があった。

第六話 わが名はモーセ Call Him Moses
環境戦争を仕掛けた宗教的煽動家を軽くひねるタフ。軽すぎて商売っ気が…。

第七話 天の果実 Manna from Heaven
ス=ウスラム最終章。いろいろ思うところはあるので、ネタバレありで続きへ。

・・・more・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2007/07/19(木) 22:52:03|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

感想に見せかけた日記

タフの方舟1 禍つ星 ハヤカワ文庫SFタフの方舟1 禍つ星 ハヤカワ文庫SF
ジョージ・R・R・マーティン George R.R. Martin 酒井 昭伸

早川書房 2005-04-21
売り上げランキング : 93863
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち>(ロバート・D・ヘア/小林宏明:早川書房)や<他人を見下す若者たち>(速水敏彦:講談社)に疲れたときは、苦いコーヒーとあんまり感情的に重たくならなくていいSFなのだが、それはそれでスッキリしなかったという顛末。

そういや「サンドキングズ」(早川書房)にも馴染めなかったから仕方ないといえば仕方ない。

先の千年紀に地球連邦帝国が生物戦争用に作った超巨大宇宙船<胚種船>、これがすなわち「方舟」。
「禍つ星」は宇宙商人であるタフが方舟を手に入れた経緯。
「パンと魚」は方舟を手にしたタフが修理に立ち寄った大飢饉目前の、人ばっかりの惑星の話。
「守護者」は海洋惑星での環境エンジニアリング中編。

方舟の持つ手段は生物学的なもののみ。ただし膨大なサンプルのクローニングでモンスターはいくらでも作り出せる。(クローニングの時間的な制限もかなり小さい)

「守護者」はそうでもないが、「パンと魚」については(以下、ネタバレあり)人口が過剰で人が多い惑星に対して、食料を増加させる(&石油の代替素材)案はどうなのか?
問題は人の多いことで、宗教的理由で産児制限が効かないとしたら、送り込む野菜品種に妊娠抑制効果のある成分でも含ませたらどうなのか?もちろん、倫理的な問題はあるものの…。もしや、おしまいのセリフにある「いっそうの環境エンジニアリングが必要になるかもしれませんし」というのが、このことを指しているのか?
モヤモヤしたものが残る結び。

何故か、ネットでの評価は高いんだな、これが。

後編「タフの方舟 2天の果実」では「パンと魚」の続きがたっぷりと書かれているようで、ホントはこれを読まなくては文句も言えないんですが…
もう1冊読み終わるまでなんか待ってられない~!


さて、では何を読もうか?
手持ちにギャンブル小説というか競輪小説「きみは誤解している」(佐藤正午:集英社)がある。

これなのか?
web拍手 by FC2

  1. 2006/08/22(火) 02:09:33|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。