FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

『宇宙エレベーター』…だけじゃないのが痛し痒し

宇宙エレベーター宇宙エレベーター
アニリール・セルカン

大和書房 2006-06-22
売り上げランキング : 6522
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

軌道エレベーターに興味がある人は彼の「ATA 宇宙エレベーター」はとても魅力的に映ると思います。

たった4000kmのケーブルでできており、始点終点どちらのポイントも軌道上に浮いているという、他とは違うものだった。地上からそのまま宇宙まで、という「エレベーター」ではなく、始点までシャトルで乗組員を運んで利用する構造だ
 この構造の一番のポイントは建設費用が他のものと比べて安く、実際にも実現可能な材料で造られている、という言わば実用性だった。普段1kgのものをシャトルで打ち上げるのにかかる費用は、だいたい200万円とされているが、この構造が実現化されれば、1kg1万円ほどで打ち上げることが可能になる。
(中略)
 「このエレベーターであれば2018年には実現可能です。隕石が捕まるまで待つ必要はありません」僕の発表の締め括りはこんなコトバだった。(P.33)


最後の隕石云々は2000年に発表されたNASAのプランに対しての提言。
NASA案は全長3万5786km。資材にカーボンナノチューブを想定するため建設開始は2062年。そして外に対して引っ張る力を加えるために、どこからか隕石を捕まえて地球から4万2000kmはなれた軌道上に乗せエレベーターの構造につなぐというもの。

で、もちろんですが著者のプランにもまだ不完全な点はあるのですが、そこらは本書では書かれていません。現在、研究中とか。

で、宇宙エレベーターはこの数頁でおしまい。

目次を見てもらえばわかりますが、タイムトラベルやシュメール文明、量子論など興味のままに進んでいきます。
言ってみれば、セルカン脳内イメージでしょうか。

エレベーターをもう少し説明してほしかったんだけどな。

ちなみに脳内メーカーで著者のイメージを見ると「休」ばっかりなのは本質か?皮肉か?
☆☆☆--

学者にしては説明が少ないと思いましたが、ネットで検索すると「アニリール・セルカン経歴詐称疑惑」なんてサイトもでてきました。さて、彼のプランは信頼に足るものなのでしょうか?

長いので目次は以下に。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2009/09/27(日) 07:10:03|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

  

↓Amazon ツン読リスト↓