* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「珈琲どりーむ」(4)ラハナットの風は吹いているか?

珈琲どりーむ 4 (4) (芳文社コミックス)・「珈琲どりーむ」(4)原作:花形怜,漫画:ひらまつおさむ
 芳文社コミックス(芳文社)2008-01-16
売り上げランキング :
おすすめ平均

7&Yで詳しく見る

コーヒーを題材に、いつまで続くのかと思いましたがもう4巻です。

さて、今回は海外編としてラオスに行きます。ついに生産地です。
ただ産地毎の事情とかもあるんで、あまり踏み込むのも難しいかも…。
3回分でどこまで描けたか、ご確認ください。

バイヤー視点だとここまでかなぁ。
☆☆☆☆-

収録は9話。タイトルとかは以下。
・・・more・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2008/03/20(木) 19:43:41|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「珈琲どりーむ」レモンとブランディの香り、フレミング珈琲はどう?

珈琲どりーむ(3) ・「珈琲どりーむ」(3)原作:花形怜,漫画:ひらまつおさむ
 芳文社コミックス(芳文社) 2007-08-16
売り上げランキング :

7&Yで詳しく見る

コーヒー好きなお茶屋の息子が主人公。

今回、バリスタの龍くんが登場します。彼は前巻から登場した梓ちゃんに一目惚れするようですが、人間関係はどうなるんでしょう?
新たなハーモニーを奏でるのか、梓ちゃんを活かし切れなかったのかは4巻で明らかになる…はず。

3巻に来て、勢いが衰えず!
☆☆☆☆☆

収録は9話。タイトルとかは以下。
・・・more・・・ web拍手 by FC2

  1. 2007/08/24(金) 23:27:05|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「珈琲どりーむ」コラムも充実!

珈琲どりーむ 2 (2)・「珈琲どりーむ」(2)原作:花形怜,漫画:ひらまつおさむ
 芳文社 2007-03-17
売り上げランキング : 17096
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

お茶屋の息子で無類の珈琲好き。主人公の声を聞きながら珈琲を飲んでみませんか?
7話収録。

「辛口にしみる味」フィルターと抽出温度が変える味。

「名探偵茶輔」香織のお父さんに女性の影!?いえいえやっぱり珈琲です。

「祖父の知らぬ味」(前後編)なんとフランスへ!カフェ・カルヴァとは?

「珈琲の命」茶輔、焙煎機への道。油とフレンチ・プレスと焙煎の関係は?

「神様がくれたもの」更に焙煎機への道。神様に指導を請う。マラゴジッペ?

「ハートの贈り物」新キャラ、梓登場。デザインカプチーノあれこれ。

「アジアの一滴」ベトナムの珈琲豆で現地の農業事情をも語るとは。感服。

自宅で試すのはなかなか難しくなってきましたが、アイデア自体はなお秀逸。
今回、新キャラも登場しますが、珈琲主役で健闘中。

評価甘いか?いや確実に前巻以上でしょう!
☆☆☆☆☆
web拍手 by FC2

  1. 2007/04/07(土) 20:00:00|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

平仮名で「どりーむ」というのは、ちょっと…

珈琲どりーむ (1)・「珈琲どりーむ」(1)原作:花形怜,漫画:ひらまつおさむ
 芳文社 2006-08-16
売り上げランキング : 163470
おすすめ平均

セブンアンドワイで詳しく見る

グルメマンガの一つですが、コーヒーは盲点だったか。見かけないですよねぇ。「コーヒーもう一杯」(山川 直人:未読)とかあるくらいでしょうか。しかも「コーヒーもう一杯」はグルメものではない…と思うし。コーヒーは出てくるけど、薀蓄はなさそうですよね。この「コーヒー」が「お酒」になるとかなり数が増えそうですが。

逆に言うと、どこまで続けられるのか?ネタがあるのか?人気は出てほしいけど、それでダラダラと続くのは…。

お茶屋の息子が珈琲好きでカフェを開くのが夢。ついでに彼女はカフェの娘。
そんな二人の関係も話に華を添えて、楽しく読めます。

コーヒー好きならとりあえずチェックの1冊。
★★★★-

web拍手 by FC2

  1. 2006/10/11(水) 18:00:29|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。