* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「冷食捜査官」(1)生物の死骸の氷づけが好きなら、あなたも犯罪者

冷食捜査官 1 (1) (モーニングKC)・「冷食捜査官」(1)とり・みき
 モーニングKC(講談社)2008-11-21
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

舞台イメージは、フィルム・ノワールというか、当時「ブレードランナー」、今「バットマン」でしょうか。

近未来、安全無害の合成食料が開発され、それ以前の食品は汚染されているとして禁止された。しかし統制以前に作られた冷凍食品はブラックマーケットで取引されシンジケートは暗躍する。
そこに立ち上がるのが農林水産省・冷食捜査官である。

1991年の「冷たい女」から2008年の「French Connection」までを収録。初期の3話は「犬家の一族」にも収録されましたが、冷食捜査官シリーズでまとまるのは初めてです。
これは(1)ですが、(2)はあるんでしょうか?

保存食としての缶や乾物は別部署?とか、合成食料の実態は?とか気になることも多いのですが、いずれ描かれるのでしょうか。

しかしノーエ節まで出てくるとは…。
☆☆☆☆-

CONTENTS

冷たい女
Strawberry Fields Forever
黄金三角を持つ男
10月はたそがれの国
チャイナタウン
笑う配達人
マグロの出てきた日
コオリの微笑
寒い穴から帰ってきた捜査官
Memories Of You
Orange Express
French Connection
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2008/12/08(月) 12:14:59|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「遠くへいきたい」(5)歩き続けて前人未到の地へ…

遠くへいきたい(5)・「遠くへいきたい」(5)とり・みき
 河出書房新社 2007-08
売り上げランキング : 67546
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

1頁を使った9コマ漫画集。隔週刊テレビ誌「TV Bros.」での連載ということで30頁以内に新年号があります(多分、7頁と37頁)。また赤・黒2色というのもこの雑誌の特徴ですね。
4巻が2002年12月の刊行ということでずいぶん待ちました。年30頁弱ということで1巻毎の間隔は開いてしまうのですが、雑誌連載が1冊分たまらないところで終わっていたんですね。
で、他誌に載せた9コマ漫画と描き下ろしを加えてようやくの単行本化!

ギャグというよりコメディ。万人向けかと思います。
☆☆☆☆☆

タイトルにも(表紙にも)あるように、人物が歩いているところから始まる回が多いように思います。「遠くへいきたい」と思って歩いているわけではないでしょうが、結果として遠くに至ったと言えるのではないでしょうか。
これから9コマを描くと亜流と言われるんでしょうね。

セリフのないサイレントな漫画です。だからか頭の中で軽快なBGMが流れます。
「エンターティナー」(映画「スティング」で使われたもの)や「「ヒゲ」のテーマ」(ドリフのヒゲダンスの)とかね
web拍手 by FC2

  1. 2008/03/16(日) 21:28:20|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「イママン」彼女のテンションでインタビュウ

イママン 本谷有希子マンガ家インタビュウ&対談集・「イママン 本谷有希子マンガ家インタビュウ&対談集」
本谷有希子
 駒草出版 2007-11-21
売り上げランキング : 95501
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

著者の「オールナイトニッポン」(よく見ると表紙のマイクにLFとある)の中の企画。「今、マンガ家さんに愛にゆきます」が本になった、というもの。
本谷さんはまだ読んでません。そのうち読もうと思っていたら最初がこれになりました。
小説家や劇団主宰というのは知ってましたが、『カレカノ』の沢田亜弥役声優とは知らなんだ。多才ですねぇ。

とはいえマンガ家インタビュウはかなり無謀に近い。

こんなことより、アレを聞けというリスナーは多かったかもしれません。
20年前の「谷山浩子のオールナイトニッポン」内「真夜中のお客様」(本書中にも紹介あり)のほうが、マンガ読みとしては嬉しかったとも思います。
でも彼女のインタビュウだから引き出せた面もあるんじゃないでしょうか。


気になるマンガ家さんのところを読むと意外な発見があるかも。
☆☆☆--

「タグは10個まで」というのがお約束なので、登場したマンガ家さん全員にタグをつけられませんでした。仕方ないので、私の好みでつけました。

目次

Ⅰ『イママン』特別編
 二ノ宮知子ロングインタビュウ

Ⅱ『今、マンガ家さんに会いにゆきます』
 本谷有希子マンガ家インタビュウ

 山本直樹
 河合克夫編
 三家本礼編
 唐沢なをき
 星里もちる
 陽気婢
 有馬啓太郎編
 赤松健編
 西本英雄編
 とだ勝之編
 杜野亜希編
 こうの史代
 南ひろこ編
 みずしな孝之
 おおひなたごう編
 山本直樹編②

Ⅲ『モノをつくるということ』
 本谷有希子マンガ家対談集

 とり・みき
 瀧波ゆかり
 しりあがり寿
web拍手 by FC2

  1. 2008/02/06(水) 00:36:55|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。