* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近、読んだ本2冊

職人ワザ!・「職人ワザ!」いとうせいこう
 新潮社 2005-08-24
売り上げランキング : 63280
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

いとうせいこうが聴き出す仕事師のワザ。
扇子、手拭い、かりんとうにパイプ。
見えないところで効果音にスイッチャー(テクニカル・ディレクタ)などなど。

中に、職人はアーティストではないという発言が出てきます。一点物でもパーツなんだと。そこから個人の狭さ、貧しさということにもつながるのですが、今のサラリーマンが歯車と卑下することとの差は結局、矜持とかでしょうか。

いとうさんは近所のよしみ、浅草繋がりということですっと話に入るようですが、職人から遠いところにいる自分には敷居の高さも少し…。

時間を置いて再読したいとは思います。
現時点では敷居の高さから来るのか読みにくさが引っ掛かってしまって…。
(自分の読解力によるんですが)
★★-


下北サンデーズ・「下北サンデーズ」石田衣良
 幻冬舎 2006-07
売り上げランキング : 10254
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

TV化したのはついこの前なんですが、その頃バタバタしていて結局見ませんでした。
新人が入った弾みもあってか、下北沢劇場すごろくを上り始める小劇団の話。

トントン拍子に話が進みすぎて、ご都合主義とは思いますが、読み進むには気持ちいい一冊。本一冊、全5章で劇団のドタバタや人間関係、公演内容なんか盛り込むのは無理でしょうけど、番外編みたいなのを少し書いてほしいもんです。

石田衣良は初めてなんですが好印象。
★★★
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 2006/11/01(水) 01:54:23|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

実はここら辺が弱点で…

文芸漫談―笑うブンガク入門
・「文芸漫談―笑うブンガク入門」いとうせいこう,渡部直己,奥泉光
 集英社 2005-07
売り上げランキング : 164595
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

「笑うブンガク入門」とサブタイトルにありますが、あまり笑えません。
高校くらいの、面白い国語授業といった感じでしょうか。
…というか、それ以上の学習はしていないのでわからんのですが…。
(文系でない弱みってんですか、そんなのもあって腰が引けてます)

奥泉光は読んだことがないけど、いとうせいこうは割と注目しているので、おもしろいところを拾ってみようか、と。

「おまえバカだろ?」って、ホントにバカだと思ってツッこんじゃうと、こっちも客もそんなに笑わない。だからといって形式的に言ったら、いっそうおもしろくない。「おもしろいバカだな、おまえは!」と気持ちが微妙に入ってると、いちばん伝わるんです。愛と切断が一緒になっている、体感的にわかちがたい態度なんですよ。そのとき、客も不思議に体でわかるんですよね。(P.56)

これはいとうの言葉。ボケへのツッコミについて。
ま、余談的発言ですけど。

途中、桃太郎ズの話など笑いながら、
後のほうになって奥泉の小説論が展開されていきます。
自分が慣れてきたのか、一応クライマックスだから盛り上げているのか?
ブンガク入門の名に恥じぬ、奥泉の飛ばしっぷり。

拾ってみたら引用ばかりになってしまいました。これではまずいので
P.190あたりの「小説と物語の話」からとエピローグの「小説の根源的メッセージ」あたりが注目とだけ。


最近、いろいろな小説を読んできて今後に自分が読む方向を、本能ではなく理屈で考えてみようかなと思ったり思わなかったりで手に取った一冊でした。

弱腰のまま、★遠慮しときます。
web拍手 by FC2

  1. 2006/10/03(火) 04:24:08|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

園芸家12カ月



ロボットという単語が初めて使われた「R・U・R」や「山椒魚戦争」で有名なチャペック。
これは一転、園芸家の日常コラム?!(中公文庫)

「素人園芸家になるには、ある程度、人間が成熟していないとだめだ」とか書きながら、隣家の花を見て「ちくしょう、おれの庭だって咲かんことはあるまい!」と激昂する。

「まいた種は一粒もはえないか、全部はえるか、どっちかだ。これが、つまり、自然の法則なのだ。」そして、百本以上が全部はえたら植えるところなんかないのだ。

解説が昭和34年となっていますが、その頃にこれが?と思えてしまう。近年までマニアが許容されなかった感のある日本では、今が読み頃かもしれません?

ここで紹介されている植物にもっとなじみがあったら、より楽しめるだろうに、二百数十種もの植物に親しむような生活はしていない。
★★★☆☆


最近のおすすめ園芸コラムニストといえば、いとうせいこう。A新聞の連載がまとまらないかと期待してるんですが。

「ボタニカル・ライフ―植物生活」いとうせいこう(新潮文庫)は代表的一冊。というか、チャペックに啓発されてますよね。かの地ではなく日本で、庭はないのでベランダで、とより最近の仕様でお届け。暖かくなったら、ならなくても何か花でも、と考えるあなた。これを読んで、更に熱にうなされることをお薦めします。
★★★★★ web拍手 by FC2

  1. 2005/02/12(土) 02:14:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。