FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

「ターンエーガンダム 月の風」意表を突くタッチでした…

ターンエーガンダム 月の風・「ターンエーガンダム 月の風」あきまん安田朗
 角川書店 2007-06-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

内容は、本編(TVシリーズ)のプレストーリーとして、地球帰還作戦のため訓練を積むロランたちとそこに迫る陰謀を!
あきまんのデビュー作「∀ガンダム月の風~ロランの日~」(読み切り)とその続編連載に加筆修正をしたものですが、読み切りと連載をつなぐカラー8Pのプロローグは収録されていないのが残念。

「スクライド」の戸田泰成(この場合「ガンダムSEED ASTRAY R」のか)を思わせる画風。表紙、裏表紙のカラー画とは少し違うタッチ。そっちのほうが好きなので、カラー頁も入れてほしかったんですけど…。

ロボットアニメに名作劇場を取り込んだのが「ターンエー」とすると、転送ゲートやニードルガン、Iフィールド駆動暗殺兵器(ロボット形態)などSF風味を強めた本作は鬼子。異稿の多い「ターンエー」の中でも更に異色。
ムーンレィス自体も過去の技術を失っているなど、キャラクターを活かしつつまったくの別作品といっていいと思います。

クライマックスがモビルスーツ・レースというのは無理矢理な感じでちょっと…。
☆☆☆--

本編では、過去にディアナが地球に降りていたというエピソードもあったはずだが、カルシウム同化ナノマシンはマンガ後半で発見されたことになっています。
では、マンガの中では冷凍睡眠を繰り返すディアナは、月の暮らしに馴化していない地球人並みの骨太さんだったのでしょうか?
web拍手 by FC2

  1. 2007/07/11(水) 00:03:39|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

↓Amazon ツン読リスト↓